日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ベルヴィル・ランデブーを見た

9時起床。朝飯に餅を食って、新宿へ。高島屋タイムズスクエアのテアトル・タイムズスクエアに、ベルヴィル・ランデブーを見に。去年の早い時期に2ch経由で存在を知って、公開されたらすぐに見にいくつもりだったのだが、なんとなく機会を逃していた。今回、日本オタク大賞唐沢俊一トリビア先生が個人賞に選んだらしいので、勢いで見に行く。(唐沢俊一のレビューは8月10日の日記に→唐沢俊一ホームページ :: 日記 :: 2004年 :: 08月 :: 10日(火曜日)
13:25の回で開演ギリギリについたのだが、席はぜんぜん余裕ありとのこと。会場内も座席はたくさん開いていて、せいぜい3割〜4割の入りか。余裕があるのは嬉しいけど、休日の昼間にこれで大丈夫か。
作品感想。いや、これは凄い。日本のアニメーションとは別の次元で凄い。ストーリーは、自転車レース中にギャングに攫われた孫を助けるため、おばあちゃんが単身でベルヴィルという大都会に乗り込み、そこでかつては有名だった歌手3人組のおばあちゃんの助けを借りて孫を助ける、というもの。徹底した、もはやグロテスクとも言えるデフォルメ、人物の細かい動きや表情に拘った作画(良く笑ったり怒ったりする「豊かな表情」ではないが本当に豊かなのだ)。絵にまず引き込まれる。また、音楽もすばらしい。そして、おばあちゃんがバイタリティに溢れていて頭も良くて、実に魅力的なキャラクターになっている。
脚本も小憎らしいほどで、ちょっと「あれ?」「おや?」と思うような描写がすべて伏線になっていて、あとでしっかりストーリーのなかで重要な意味を示す部分に回収されている。台詞がほとんど無いので、より一層、そういう部分が巧みに見える。
日本のアニメーションは、まあ、あのいわゆるセル画の功罪である「アニメ絵」は置いておいて、あまりにも肥大した自意識、あるいは、世界を語ってやるんだ、という意気込みが暑苦しいほどなものが多い。押井守なんかその極北であるわけだが。ハリウッド映画も、「主人公の活躍が世界を救う」という定石を踏襲する文脈の中で、世界語りや自己言及が行われたりする。
このベルヴィル・ランデブーはそこがまったく違っていて、ストーリー自体は「孫が誘拐されて助けに行った。そして相変わらず日常は続く」というだけ。しかし、ならば、伏線の張り方とその回収の仕方や、巧みな作画・美術・音楽で魅了する職人芸映画であるだけか、というとそんなことは全く無い。
過去の栄光を記憶しつつもたくましく生きる3人組、ネズミに似た男の荷物や写真から垣間見える日常と哀愁、救護車の運転手の細かい仕草、そんな、脇役の背景描写やちょっとした仕草のなかで(説明口調は全くなしで)人生のいろいろが語られたりして、凄く胸をつく。(アメリカの映画でも、例えば警備員のおっさんの生き様みたいなもののディティールが描写されるような事がしばしばある)大上段から語らないけど、きちんと脚本を積み重ねる中で語っていて、それがさりげなくてかっこいいのだ。*1
最後にもう一点。唐沢俊一が、クライマックスのカーチェイスについて「宮崎駿の影響がご愛敬で感じられる、ラストの大追跡」と書いているけど、出てくる食い物が悉く不味そう(結局食えなかったハンバーガーはちょっと美味しそうだった)なのは、宮崎駿へのアンチテーゼかも。どういう意味のアンチテーゼかは知らんけど。カエルキャンディをベロベロ舐めるシーンは強烈過ぎ。
あ、あともう一点。萌えアニメじゃないという意見が大勢だろうけど、一応言っとく。ばーちゃん萌え。

*1:と言いつつも、日本のアニメの、ストーリーにおいても手法においても自己語りが何回転もしちゃってニッチもサッチも行かなくなっている状況、混乱も大好きなワタシではあるが

定年後の趣味のような

満足して、パンフレットを買って(これも紙芝居のような凝ったつくりになっている)、タイムズスクエアのテラスに初めて出て、新宿御苑越しに風景がよく見えるのに感心。高島屋を出て新宿3丁目まで歩き、UFJ銀行地下のIL Bacaroへ。スタンディングバー(イタリアではバールと言うそうで)スペースがあって、イタリアの前菜とワインが楽しめて1000円でおつりが来る良いお店なのだが、今日は初めてランチを食べてみる。前菜の盛り合わせとカルボナーラ、グラスワイン一杯付けて1500円。美味しいし、ボリュームもあって満足感も高し。
丸の内線で四谷、南北線で麻布十番に出る。ここに来たのは、今読んでいる『東京の空間人類学 (ちくま学芸文庫)』の影響。台地の尾根を主軸道路にして両側に武家屋敷が形成され、谷に下る部分が敷地の一部で庭園になっていて、現在は境界を守ったまま、官公庁、学校、外国公館に転用されている、という話の中で、一例として三田綱町周辺が言及されていた。綱町には一度も来たことがなかったので、せっかくなので足を運んでみた。
なるほど、運河沿いの二の橋から坂道を登ると、道の両側にオーストラリア大使館、簡易保険事務センター、綱町三井倶楽部三田高校、ちょっと奥まってイタリア大使館などが並んでいる。そして、それぞれの敷地の間の狭い路地、坂道を下ると、それぞれの敷地がそのまま坂の下まで続いており、庭園になっている。一番下のほうは別用途に転用されたのだろう、マンションや戸建になっていて、有名な綱町パークマンションも三井倶楽部の庭園の先に立っている。思いのほか古かったけど。
陣内秀信のこの本は、なんでいままで読まなかったんだろう、というのが不思議なほどで、江戸時代の都市計画とと現在の土地利用について鮮やかに説明してあって、改めて感心しきり。最近の「古地図を持って東京散策」の大本はこの本にあるのだな、と再確認する。
この本の中で、東京の水辺空間について、「船頭となじみになって、隅田川から神田川、外堀、日本橋川、亀島川と進むのと面白い」などと、なかなかハードルの高い遊びが書いてある。実際にやるのはなかなか面倒だが、仮想体験なら『東京静脈』のDVDで今すぐできる。
それから、古川橋を通って五之橋へ、五の橋商店街を上って聖心女子の脇を上り(崖に張り付くように家が建っていて面白い)、坂を下って外苑西通りを越えて、自然教育園の脇を抜け(自然教育園に面したマンション、さぞかし居住環境がよろしかろうな、とは思うが、実際にベランダの先が鬱蒼とした森というのは、夜は結構怖いかもしれない)、恵比寿に到着。サッポロビールでやっているワイン屋や三越の酒売り場を眺めて、日比谷線で中目黒、東横線綱島、帰宅した。