日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

今日もプール、そして、KIDDYLAND

7時に起きて、飯食ってお出かけ。抜けるような青空、澄んだ空気、下のほうで沸いている夏らしい壮大な雲、夏である。東京にいる気がしない。海が似合いそうな日。
今日も代々木体育館のプールへ。クロールと平泳ぎで2.2km、それから背泳ぎで50m。だんだん距離が伸びるのは嬉しい。最後に背泳ぎをしたら、それまで使っていなかった筋肉が張る感覚があった。どうも、楽な泳ぎ方をしようとするために、使う部分が固定化されているらしい。泳ぐフォームとかよくよく考え直さんといかんね。中庭はビキニのおねーちゃんとか結構いて、プチビーチ状態であったが、こんな日差しが強い日に肌を焼いたら大変そうだ。
プールから出て、表参道を歩く。KIDDYLAND前を通ったら、リラックマコーナーがあって、誘惑に負けて誘い込まれるように店内へ。くおぉぅ、かわいい…。ぬいぐるみを買い占めたい欲望に駆られるが、いや待て待て、それはいけない、何がいけないか良くわからないが、とにかく駄目だ、と押し留めて、メモ帳を買うだけにした。
リラックマ、いい。無表情がいい。とにかく、人間様に媚びている様な半笑いのキャラクターは駄目だ。なんだあのミッキーマウスとやらは。いつも張り付いたような引きつった笑顔しやがって。ディズニーのキャラクターは全部そうだ。アメリカはわけわからん。関係ないけどスポンジボブの人気はいまだに理解の埒外だ。とにかく、ミッフィーうさこちゃん)、クー、ぼのぼのリラックマ。こういう、無表情というかぼーっとしている、というかとにかく無愛想なキャラクターが好きだ。ドラえもんは……別格なので詮索してはいけない。しかし、笑ってないほうがいい。その蔑んだ様な目がいい。もっと蔑んで!
………そんなわけで、表参道から銀座線、銀座駅まで出て、みずほ銀行のUCサービスセンターでプリペイドカードまとめ買い。献血をすべく交通会館へ。

久しぶりの献血

エレベータで6階に上がったのが14時ごろ。大変な混雑で、成分なら終わるまで2時間ぐらいです、と言われる。ゆっくり本が読めるので良しとするけど、今度はやっぱり、予約して来ることにしよう。
有楽町の献血センターはリニューアルしたようで、随分綺麗になっていた。サービスは飲み物の自動販売機が2つ、ハーゲンダッツのアイスクリーム、それからクッキーやお煎餅。渋谷に行くと高校生ぐらいの若い人が多いが、有楽町はもうちょっと年齢層が高い。20前後の女性が多い(最近の日記、意味も無くこういうことばっかり書いているような気がしますが)。
調査票に記入し、問診、採血。白血球の値が若干多めで、熱を測ってくださいと言われ、測ったら37.0度あった。しかし、自覚症状のだるさは無いし(プールで疲れてはいたが)、平熱も36.5度くらいあるので、と言うと、じゃあ大丈夫ですね、ということで採血。運動後は体温が上がっているような気がするけど、そのためだろうか。
「ぶっといおちゅうしゃ」をされて血を抜かれ、成分を分離して戻す。これを3サイクル、40分。10単位の血小板が抜かれる。薬価約7.5万円。53回目の献血も無事終了。
血の値段については、下記参照
http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20050110#p3

なぜか両親と東京タワー

終わったら4時半になっていた。それでもあんまりお天気が良いので、川岸を散歩したくなって、銀座一丁目から有楽町線で月島、清澄通り相生橋方向に歩く。月島は、相変わらず、古い家と狭い路地と、にょきにょき立ち上がる構想マンションがわけわからんコントラストをなしている。

相生橋から、貯木場、豊洲方面を。このあたりもマンションばっかりだね。

越中島公園から、新川、箱崎方面。高校生のカップルがじゃれあっていた。

そうこうしていると両親から電話、麻布十番納涼祭りに来ていて、それから東京タワーに行くのだが一緒にどうか、というので、実は行ったことが無いので諾。門前仲町から大江戸線で麻布十番へ。凄い人出。身動き取れない。めちゃくちゃ。どうしょもない。写真の場所は六本木ヒルズに近いあたりなので、まだ身動きが取れるほうだった。

これはだめかもわからんね、ということになり、ちょろっと覘いて、笠間焼きの出店が人波に戦々恐々とするのを眺めつつ、日本酒をいくつか試飲し、東京タワーまで歩く。途中、一の橋の商店街でも便乗でお祭り開催中。周辺一体がアジールであった。
なぜ東京タワーかと言うと、展望台の無料のチケットを貰ったから、らしい。エレベータで150mの大展望台まで。うむ、早い。最新のエレベータに比べたら遅いが、しかし、早い。前回、東京タワーに来たのは、NHKの「ためしてガッテン」の企画で、階段を三往復させられて以来だから、とにかくエレベータは早い。
展望台は照明を落として音楽を流して、若い人にも来て貰おう、という意欲満点。実際、想像以上に若い人、カップルが多い。東京タワーに来ようという若者、そんなに多いのか。150mは今になるとさほど高くないが、ほどほどの高さで良く見える。しかも今日は空気が澄んでいて遠くまで良く見えるし、多摩川の花火大会もやっているで、まことに結構でありました。
愛宕、銀座

お台場

六本木

その後、神谷町まで歩いて、中目黒のすし好で夕飯、我慢していた分生ビールがんまい。東横線で帰宅。