日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

松代大本営に行ってきた

長野のホテルで目覚めて、さてどこに行こうと考える。そして、前から行こうと思っていた松代の大本営に行くことにした。私は、巷間語られる戦時中の強制連行や強制労働についてはいろいろ疑義を持ってはいるが、松代の地下壕を作るために多くの朝鮮人が動員され、多くの被害者が出たことはさまざまな資料などから明らかなことと考えている。本土決戦に備えて作られた大本営予定地。そこに今日が行こうと思う。
長野駅前から松代行きのバスに乗る。電車もあるのだが、長野電鉄の支線なので本数が少なくてて到底使えない。バスは30分ほどで松代駅。そこから、旧海津城の城下町をぶらぶらと歩く。道も堀も綺麗に整備されていて、しかし広々としててなかなか気持ち良いところ。お屋敷や学校の跡地、神社仏閣が点在している。

歩いて20分ほどで地下壕の入り口へ。

それはそれはのどかな、とてもとてもそのようなものがあるとは思えないところ。小川を渡り、民家の脇を抜けると、入り口がぽっかりと口を開けていた。

入り口の脇には小屋があって、お年寄が一人で管理しているが、入場は無料。これから入ることを告げて、ヘルメットを被って中に入る。ヘルメットは物置に管理されていて、「ご自由にお取りください」状態である。

この地下壕は「松代大本営」の一つで、象山という山の下に、総延長6kmの地下壕が縦横に掘られている。本土決戦に備えて、大本営をこの地下壕に移し、ここから指揮を行なうことになっていた。工事は終戦のその日まで続けられた。現在、この地下壕のうち、全長500mが公開されている。

中に入る。ひんやりと冷たい空気、しかもどこか張り詰めた空気。入り口は天井が低いが、少し進むと碁盤目に綺麗に整備された洞窟になる。何かが動いた、と思ったら蝙蝠が奥に向って飛んでいった…。


立ち止まって写真を撮ると、物音一つしない。なにしろ開場時間の9時ちょっきりに来てしまったので、他に来ている人が一人もいない。灯りはきちんとついているので歩くのに困らない程度には明るいのだが、はっきり言って、怖い。ここで多くの人が働き、多くの人が死んでいるんである。
そして、なにしろ壕は碁盤目なので、歩ける道の所々にわき道への穴が開いていて、そこは金網でふさがれている。

中も灯りに照らされて、中の様子を見ることができるが、なにしろ遠くのほうは明かりの入らない部分が延々と続いていて、向こうにいったい何があるのだろうか。

歩いていける1番奥まで進んだが、それから先も、金網の向こうには壕が広がっていた。

とにかく、広くて深くて、しかしなにかこころに訴えるものがある地下壕。1度は行く価値のあるところだと思う。帰り道、「出口」の矢印がなにやら非常にリアルだった。バハラタ東の洞窟みたいなものなので、確実に迷うね、これは。

地下壕の入り口のところには、様々な説明の板と合わせて、朝鮮人の犠牲者の追悼碑があった。

それより前に行政が設置した看板には、明かにあとから書きなおされた部分が…。

ここに元は何が書いてあって、どういう経緯があって書きかえられたのか、は、なかなか興味深いところではある。
それから街をうろついてみて、海津城址を見物して

再び松代駅から長野行きのバスの人となった。長野駅で駅弁を買い、しなの鉄道で沿線の風景をのんびり楽しみながら軽井沢へ。車内で駅弁を食べようと思ったのだが、思いの他お客が多く、食べ損ねた。

はじめての軽井沢

実は私、軽井沢は1度も来たことが無い。ということで、旧軽井沢方面まで歩いてみることにする。列車から降りるとひんやりと涼しい。さすが、標高が高いだけのことはある。旧軽井沢のロータリーまでの道々にも店が多く、繁華なのだが、少しわき道に入るとすぐに別荘地なのだな。旧軽井沢のメインストリートは、なるほど、山が見える竹下通りと言う風情で、人の出も多かったが、どこかから繁華街を移してみました、というだけの雰囲気で、さほどオリジナリティや面白みが感じられるわけでも無いように思うのだが、何でそんなに人がいるのか良く解らない。他に行く所が無いからなのか。
さらに、旧三笠ホテル方面へ。旧軽井沢から少し進むと並木道となり、店はまったく無くひたすら別荘地が並ぶ。なるほど、これはたしかに結構な別荘地である。騒がしい一部を気にしなければ、まことに素晴らしい別荘地なのだろう。それにしても、スーツを来込んで、パソコンも入った石のように重いバッグを持って、森の中を歩く自分は誠に間抜けである。
駅から1時間ほどで旧三笠ホテルへ着く。

レンタサイクルで来るには丁度良い距離なのだろう。自転車が沢山停めてある。400円を払って中へ。このホテルは明治38年に竣工した、日本人の手による本格木造洋風ホテルで、多くの外国人、著名人が宿泊したそうだ。今は重要文化財である。当時の宿帳が展示されており、渋沢栄一井上準之助の名前が確認できた。

それにしても、鬱陶しきは「触らないでください」の看板と案内放送である。せっかく、森の中の素敵なホテルだったのだから、その雰囲気を味わいたいと思うのに、慇懃なご解説をスピーカーで休み無く放送していてまことに五月蝿い。なぜこういう無粋なことをするかね。

客室は1階と2階にあり、特に1階は非常に天井か高くて開放感がある。レトロモダンで素敵だ。灯りの数がほどほどなので、自然光とのバランスが良くて、とても過ごしやすそうな感じがした。




感心して出て、旧軽井沢までバスで。ドイツビールが飲める店で昼飯を済ます。美味いがちと高し。「腸詰屋」というところでおみやげにソーセージ等を購入。軽井沢の駅から15時28分の新幹線で東京に出て、東海道線で横浜、東横線で帰宅した