読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

久しぶりの大阪出張 国立国際美術館

7時におきて、とりあえず8時ごろ出社。朝の仕事を片付けて、10時前に出かける。新横浜から10時9分ののぞみに乗って京都へ。近鉄特急に乗り換え、大和西大寺で普通に乗り換えて東生駒。客先で打ち合わせなど。ま、ちょっといろいろあったわけだが、怪我の功名というのもなんであるが、とりあえず丸く収まる。よかったよかった。
天理教の教祖誕生120周年祭りだかなんだかの最中らしく、臨時列車が出ており、あの宗教都市がいかなる様相を呈しているか非常に興味深かったのだが、ま、仕事もあるので。それから、京橋に出て、いろいろと仕事。早めに切り上げて、学研都市線新福島まで出て、少し歩いて国立国際美術館へ行く。
ここへ来るのは一昨年のデュシャン以来か。今回のお目当てはプーシキン美術館展。都立美術館で見ておけよ、という話ではあるのだが、タイミングを逃してしまったもんでなあ。

相変わらず無駄に広い空間を抜けて、地下三階の展示室へ。今回のプーシキン美術館展は、印象派からピカソまでのフランス美術のコレクションであるわけだが、「印象派からピカソまでのフランス絵画の歴史を辿るよ」的な品揃えで、モネ、ルノワールからマティスピカソまで、巨匠の皆さんの作品がお腹いっぱいな勢いで並べてあった。
おかげさまで勉強になりました。
きわめて個人的な印象批判をさせて貰うと、ゴーギャンは受け付けない。だめー。マティスは、まあ、金魚の絵は結構ではあるが、好き嫌いで言うとあんまり。ぐっと来たのは、ピサロ、ルドン、ルソーであった。意味の無い印象批判ですみません。ともかく、時代を追うことで、画家の人が絵を描いては「えーい、こんなものは先人の模倣だ!」と頭を掻き毟る様が透けて見えるような、愉快な展覧会であった。
品揃えの豊富すぎる(商売っ毛強すぎ!)ミュージアム・ショップを抜けて、常設展も。「近年の収蔵品を中心に」とのころであるが、ピカソやエルンストがあるかと思えば、ヤノベケンジ中西夏之川俣正もあるという、在る意味節操の無い品揃えであったが、しかし、なかなか面白かった。
篠原有司男の「将軍バー」、エルンストの「灰色の森」が白眉。荒川修作荒川修作だった、というか、誰か鈴を着けてやれよ、と思う。
草間御大も草間御大で。それから、原美術館で見て興味引かれたソフィ・カルの作品もあったが、この人はいつもおんなじような作品を作っているのだな、ということだけ理解しました。以上。
ミュージアムショップを覗き、ヤノベケンジのポスターがちょっと欲しかったが荷物になるので止めて、絵葉書を購入。
なるべく貰ったら嫌そうな絵葉書を選んだのだが、一番いやだろーなー、ってのは、草間先生が銀色の玉の海に真っ赤なドレスを着て涅槃するの図、であった。何にも知らずに送られてきたら、不幸の手紙と思うこと請け合い。

奈良美智もついでに

国立国際美術館のすぐ脇にあるgrafのオフィス。すぐ隣のビルにカフェがあり、そこで奈良美智grafの「home」が開催中。で、覗く。相変わらず、というか、ま、かわいい。見物しているのが女性しかいなかった。カフェとお店が併設されており、お店で「なぜ、国際展か?」購入。多摩美のシンポジウムをまとめたものだが、例の、磯崎新横浜トリエンナーレちゃぶ台返しをやったシンポジウム。南條史生、北川フラム、長谷川祐子の三人が揃い踏みで、なかなか香ばしいそうだったので購入。じっくり読もう。
そこから淀屋橋まで出て、滋賀県の美味と地酒を出す「遊亀淀屋橋」を覗いてみたが、あいにく満席。なれずしのお茶漬けで一杯やろうと思ったのだが、残念。この店うまいからなあ…
しかたなく、淀屋橋駅近くの近くに有る「遊魚」という店に。喧騒の店内で一人、あまり目立たぬ席でざわめきに埋没し、じんわりと酔うのはまた楽し。混雑していたが、給仕さんの気働きも気持ち良い店。酢かき、こぶ鯛の造り、くじらの竜田揚げ、牛すじの土手煮。生ビール2杯に日本酒、手取川大吟醸。これで3000円ちょぼちょぼなので結構でした。特にこぶ鯛は旨く、かきも小ぶりながら旨みがあって、まことに…良かったです。

関西のホテル業界は大丈夫か、再び

淀屋橋駅から、京阪のK特急に乗る。快適に過ごすうちに三条。地下鉄の東西線(初めて乗ったな)に乗り換えて、蹴上で下りて、本日のお泊りはウェスティン都ホテル。…いや、ね、こんな高いホテルは普通泊まらないんですが、楽天トラベルでラックレートの1/3だったもんで。

フロントに行くと「スターウッドのメンバーズカードとか持ってんじゃねーの?」と言うので「おう、去年作ったぜ」と答えると「じゃあポイントつけてやるよ」ということを、まあ、大分丁寧な口調で教えてくれた。
で、部屋に通されて…通されたわけでなく自分で通ったんだが…みると、なんかツインの馬鹿に広い部屋で、アメニティ類もウェスティンのちゃんとしたのが2人分あって、こんな値段で泊まらせて大丈夫なのか、関西のホテル業界は大丈夫なのか、と思った次第。さて、あしたは映画だ。