日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

岡山出張の巻

3時半起床、というか、リビングで目が覚める。だらだらと風呂に入ったり朝飯食ったりして、6時前に出かけて、横浜経由京急羽田空港。ドアtoドアで50分、なかなか早い。
第1ターミナルの出発カウンター内にもカードラウンジができたので、パソコン開いてメール見つつ牛乳。第2ターミナルと一緒で、こっちにも朝はクロワッサンがあった。んで、窓を大きく取った非常に広いラウンジであった。駐機している飛行機もよく見える。

7時25分発のJAL便の岡山行きに乗り込むが、出発準備に手間取って、滑走路も渋滞していて、離陸したのは8時5分。到着後バスで岡山駅に出て、車で笠岡市の客先に向かう。つーか、どこなんだ笠岡って。黙って車に乗せられてきただけでよくわからない…
終了後、再び車。新倉敷駅前の王将で昼飯。珈琲館でお茶した後、倉敷市内の客先へ。いろいろと。どっと疲れる。終了後、岡山駅でお別れ。
さて。ここからすぐ戻っても良いのだが、今日は時間の余裕が若干あるので、ちょっとお遊びを入れてみた。岡山には以前に一度遊びに来たことが有るのだが、駅前はほとんど未見だったので、まずは岡山駅前を20分ほど散策。岡山といえば当然桃太郎。

それから、女子高生が一様にスカートが短く、全体としてケバイ。そういう流行なのだろうか、岡山は。あと、駅前商店街は寂れていた。地下街に入ると、12時から営業している立ち飲み屋が有線で演歌をガンガン流していた。
お土産に、内田百輭先生大好物の大手まんぢゅうを購入して、新幹線で姫路まで出る。姫路の客先にちょっと顔を出す。

はじめての神戸空港

姫路から新快速に乗り、ぐっすり寝るうちに三ノ宮。フラワーロードを東遊園地までぶらぶら歩き、『阪神淡路大震災記念モニュメント 1.17希望の灯り』に手を合わせつつ、貿易センター駅からポートライナーの人となって、先頭車両で親子連れと「先頭車両によくいる種類の人」が微妙な緊張感を醸しだしているのを楽しみつつ、途中にあるクレーン群に萌えつつ、神戸空港に到着する。
思っていたより、規模が小さい。随分とこじんまりした空港。これと言って、デザインにも面白みは無い。

入っている店舗も、まあ、必要最低限です、という感じである。4階の展望ロビーに上がってみると、神戸方面の街の明かりは大変綺麗であった。

んで、展望ロビーのさらに上階に、妙にお高い和食の店があった。眺めは良さそうであるが…

丁度離陸していく飛行機があったが、離陸後、すぐに右に180度急旋回し、そのままかなりの時間、相当の低空を保ったまま飛んでいた。飛行の空域制限の問題なんだろうかなあ。
夕飯は蕎麦屋のような店で。プレミアムモルツの生ビールと天ぷら、枝豆で980円はお徳。これと、肉そば780円なり。そばはそこそこだったけれど、天ぷらと生ビールは美味かった。

出発ロビーに入って、お土産屋を物色(全体としてお土産屋は閑散としているが…)。この空港、神戸の夜景以外には、これと言って見所は無いので、遊びに来て面白いところではないですね。21時のANA便で羽田に向かい、志の輔の落語を聴くうちに熟睡。羽田でアテンダントの人に起こされて、バスで日吉まで出て帰宅せり。