読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

小豆島ともお別れ

7時起床。毎日、よく寝るなあ。
朝ごはんを食べて、8時過ぎには宿を出る。安くて御飯はおいしくて、なかなか良い宿でしたよ、八千代旅館。綺麗な宿が好きな人には勧めませんけれど…
丁度バスが来たので飛び乗るが、どうもおかしい。なんだか、左側に海が見える。右側に見えなければいけないのだが。んで、よくよく調べると、島を北周りするバスに乗っていたのであった。まあいいじゃない、もう小豆島に来る機会なんてないだろうし、島を一周できるんだから、はははは、と呆れられながら笑って弁明し、1時間20分のバス旅行を楽しんだのであった。乗りすぎて気持ち悪くなった。9時45分、草壁港着。
自転車を借りて、荷物を預けて、オリーブの並木道を走って「オリーブ公園」へ。ギリシャ風の建物が建っていて「あちゃー」って感じであるけれど、何も言うまい。オリーブソフトを食べた。美味かった。再び自転車の人となる

同じ道を戻って、港を通り過ぎ、「マルキン醤油記念館」というところへ。小豆島には醤油の醸造元が沢山有り、ここはそのなかでも一番大きな工場。大きな工場と、素敵な石造りの倉庫。あたり一面に醤油の匂いが充満している。

資料館では、入場料を払うとおみやげに小瓶の醤油をくれた。そして、こんどはしょうゆソフト。キャラメルみたいな味で、ちょっとしつこい。でも美味しい。
またまた自転車で戻り、先ほどの海岸でしばし海を眺める。なぜか帆船が停泊していた。
草壁港から12時50分のかっちょいい高速艇に乗り

高松港へ。ふたたび、「いただきさんの海鮮食堂」に駆け込み、昼ごはん。うまーい。刺身も美味いし、かれいの煮付けの美味いし。最高ですな。高松に行ったら、是非是非、この店には行くべし。
空港行きのバスに乗り、高松空港へ。最後に空港のうどんで締めて、15時25分の羽田行きで帰途についたのであった。いや、楽しい旅行でありました。
草臥れていたので綱島温泉の東京園に寄ったら、どっかの家の家族争議の真っ最中であった。たいへんですね。

経県値

http://keiken.uub.jp/km.cgi?MAP=43444444444455534444444444534334343040044004044&NAM=zaikabou&CAT=生涯経県値
前回から、群馬と茨城と香川に宿泊。ちょっと上がったけれど、今回の四国旅行も香川県内3泊で、他の県には行かなかったのであんまり上がってないです。ちなみに、前回は
http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20051229#1135843876