日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ホテルの朝

6時起床。朝からプールが営業していると聞いていたので、早速寝起きで行ってみる。昨日の夜は、プールに併設されているジャグジーを使う目的の日本人が数人、だったのであるが、今朝は早くからジムに3人、プールに2人の欧米人。あいつら、なんでこう、朝から走ったり泳いだりしたがるのでしょうか。
プールで泳いだついでにジムも利用しようと思ったが、トレーニングシューズとかいちいちレンタル料を取るらしいので、止しておいた(水着は持参した)。意外とセコイと言うべきか、あるいはそもそも、プールとジムが無料で使えるのがサービス良いというべきなのか。

部屋に戻り朝食。ルームサービス…ではなく、夕べ、コンビニで買っておいたドールの100%グレープフルーツジュースと、「今日のくだもの」のゼリーと、ホテルの売店で、夜、半額になっているときに買ったパンと、部屋に置いてある1杯19円のブルックスのコーヒーで。備え付けの綺麗なコップと器に移し替えると、見違えるように豪華な朝食なのであった。

朝、届けられた新聞と、部屋においてあった雑誌を読みつつ。SEVENなんちゃら、とかいう、高所既得向けと思しき雑誌では、ボツワナのダイヤモンドと観光の宣伝が。六本木ヒルズの展示といい、絶賛キャンペーン中なのであるな。あと、リッツ・カールトンの雑誌(そんなもんがあるのだ)では、どっかの島のリッツ・カールトンホテルでアンナ・クルニコワを撮影した特集とか。他の英語のよくわからん雑誌は、ドバイのホテルのスイートルーム大特集とか、プライベートジェットの宣伝とか、ははあ、と感心するばかりであった。ははあぁ。11時近くまで部屋で、必要以上にうだうだと過ごす。

久しぶりに旧友と

11時前にチェックアウト。フロントの人といい、さっきのジムの人といい、従業員が皆さん、それはそれはフレンドリーでいろいろ話かけてくるホテルである。多分、いろいろ用意されているのを待つのではなく、もっと従業員にいろいろお願いしたりすると、非常に快適になるホテルなのだと思う。求めよ、さらば与えられん。
梅田地下のコインロッカーに荷物を預けて、阪急で、超高級住宅街十三へ。大阪在住の綾波書店氏(id:ayanami)と久しぶりに再開し、焼肉の「請来軒」へ昼飯を食いに行く。十三の町は久しぶりである。4年前、会社の新入社員研修で寮にいた時以来であるが、なにも変わっていない。裏道の飲み屋がなぜか昼前から大繁盛で、みんなが酒飲んでいる、という様子もまったく変わっていないのであった。
去年の冬コミで私がダウンしていたので、会うのは去年の夏コミ以来だったが、お互いこれと言って変わっておらず。話すことも大概、相変わらずであった。相変わらずなのは嬉しいことである。ほいでもって、今年の夏コミのチケットを受け取り、今年はきちんと原稿を書くのだぞ、と無言のプレッシャーを受けたのであった(私が勝手に)。

大阪美術館ぶらぶら

十三駅でお別れし、梅田駅。阪神百貨店の地下を通り抜けると、クラブハリエに行列が。どうも聞くところによると、ここのバームクーヘンが食わず嫌い王選手権のおみやげランキングで紹介された、とか、世界的なコンテストで金賞を取ったとかで、一躍有名になったらしい。昔から好きで良く買っていた身としては、あんまり有名になるのも嬉しくないわけだが…。一時のブームが去っても味が落ちなければ良いが。
それから、阪神電車の改札口付近で、これから甲子園球場に向かう人達の一団に圧倒されたり、『通勤ラッシュは辛いけど、これがみんな阪神ファンやと思えば…』という看板の宣伝文句に半ば呆れたりしつつ、国立国際美術館へ。3度目。


ジグマー・ポルケ」展は「磁気を帯びた風景」と「コロッサス(太陽神の巨像)」、それから「魔方陣」というシリーズが面白かった。
常設展も眺める。ここの美術館は、いつも常設展が充実していて嬉しい。やなぎみわの「アクアジェンヌ イン パラダイスⅡ」とか、トニー・アウスラーの「Bend(空気塞栓症)」とか。ジャコモ・マンズーの「枢機卿立像」が良い。
この美術館、夜はこんなかんじ

美術館を出て、南下し、靱公園の前を抜けて、本町。せんばから心斎橋の商店街に入り、混雑する商店街をひやかして、東急ハンズの隣にあるビルで、大阪市立近代美術館の心斎橋展示室へ。「こんどは現代美術だ!」展。国立国際美術館の横の空き地に大阪市立近代美術館を作る予定で、今から集めているその収蔵品の、蔵出しを時々行うための施設らしいのだが、本体の美術館はきちんと完成するのだろうか。なにしろ大阪市の財政状況であるし。福岡道雄の「ピンクバルーン」がいい。
それから、昼間の宗右衛門町をうろうろし、キリンプラザ大阪のカフェで一休みし、道頓堀を久しぶりに冷やかし、

なぜかビックカメラを覗いてから、千日前に出て、なんばグランド花月横の店でたこ焼きを。ここも、どっちの料理ショーで紹介されたとかで、昔よりも混雑していた。これも一時のブームで味が落ちなければ良いが…。ねぎとポン酢をかけて「ねぎぽん」味でたこ焼きを食す。相変わらず美味い。
久しぶりに、いかにも大阪、を堪能して満足したのでもう帰るとしよう。なんばから御堂筋線で梅田に出て、クラブハリエでバームクーヘンを買い、JRで新大阪に出て551蓬莱の豚まんを買い、新幹線のぞみの自由席に飛び乗って、一路新横浜。9時前に帰宅。たこ焼き食べたので、晩飯は遠慮しておいた。