読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

家族旅行

私の両親は、この年まで、一度も海外に行ったことがない。しかし、息子の私は、ふらふらと遊びまわっている。実に親不孝である。だので、これからは少しは罪滅ぼししないといけないと思い立った。
ということで、出張で溜まったマイルで沖縄である。しかし、折り悪く台風の直撃。不安を抱えながら、車で羽田空港へ。6時25分発の那覇行きで飛び立つ。母親は27年ぶりの飛行機である。実に親不孝である。
9時過ぎに那覇着。風が強くなっている。手配してあったレンタカーを借りるために、モノレールでおもろまちのDFSまで行ったのだが…沖縄に行かれる方は、OTSレンタカーは窓口が混雑しすぎていて、随分待たされる羽目になるので、あまりお勧めできない。
結局、DFSで迷子になった妹を探したりしつつ、車に乗り込めたのは11時20分ごろであった。すぐに首里城に向かい、観光。

しかし、風はどんどん強くなり、ざざああ、とすごい音がしたと思ったら、遠くのほうに猛烈な豪雨が見えていたのであった。避難避難。屋根のあるところに逃げ込むのとほぼ同時に馬鹿みたいな雨に襲われる。こわやこわや。
首里城を堪能し、食堂で沖縄そば。それから玉陵を見学。天気がよければ石畳の道を散歩しても良いのだが、なにしろ、いつ豪雨に襲われるか分からない。とにかく車に乗り込み、一路、国道58号線北へ。
途中、嘉手納の飛行場を眺めながら「沖縄を返せ」を歌ったり(歌ってません)

陶芸集落に寄ったり

しつつ、ホテルのそばで夕飯。沖縄らしい料理に舌鼓を打ち(おお、なんたる凡庸な表現!)、ホテルに到着。沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ。楽天で安かったのであるけれど、なかなか、ちゃんとしたリゾートホテルであった。