日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

三井理峯先生まとめ

古い資料を漁っていたら、最強のインディーズ候補三井理峯先生関係の資料が出てきたので、まとめて紹介しておく。
最近の話題の発端は

であった。どなたがupしてくれたか知らないが、これは素晴らしい、と、同好の師が速記してくれた。以前に2度、彼女の音源から速記を起こしたことがあったので、三井理峯耳(英語耳みたいですね)の出来上がった我々には、さほど難しい作業ではなかった(それでも、不明点はあるのだが…)。その『以前に2度』については、最後に紹介する。
この人は、この政見放送においては自分が自費出版した『われは平民』という本をひたすら朗読している。これとは別の政見放送では、この『われは平民』を出版してくれた銀座の『岡本屋』という会社に対する感謝の手紙を読み上げている。
我々は、どうしてもこの『我は平民』を読みたいと思い、『岡本屋』に問い合わせたり、果ては、この本が寄贈されたらしいドイツ大使館に問い合わせたりしたのだが(迷惑デスネ)、行方はようとして知れなかった。
この『我は平民』において、三井理峯先生は、東北は秋田の後生掛温泉に行って酷い目にあった、というコトを述べている。私はこれに触発されてわざわざ後生掛温泉まで遊びにいったが、酷い暴力団はいなかった。しかし、雑魚寝のオンドルの大部屋は確かに凄絶なところだったので、右往左往する三井先生を思い浮かべると、滂沱の涙を流さずにはおられない。

後生掛温泉はとても面白い、効能アラタカな良い湯治場なので、あなたも一度、行かれてみるもよいだろう。
zaikabou.hatenablog.com
まずは、その速記を再録する。

(深々と礼)

自費出版、『我は平民』の一部分を読ませていただきます。

(一礼)

国立公園は麻薬・暴力団の隠れ蓑。
上野から盛岡まで三時間。支線待ち一時間。バス待ち二時間。三時間の空費。上野盛岡三時間。なんじゃいな。
東北の方は親切で気さくで実に温泉ならではのこと。地方のお話を聞くことが楽しいからいく。温情が一生残る。
十和田八幡平観光温泉旅館、後生掛温泉は自炊部事務所に入った最初から腹の立つことばかりであった。最高に薄汚い建物だ。(  )長距離電話に話したことがない。
ここの電灯は入り口に小さい輪がひとつ。消灯して中が全部真っ暗闇。
男女雑魚寝でこれで旅館法・風俗営業ならたちまち罰せられて、万時手探りで夜二時間静かに日記を書こうと予定したけれど、こんなことでいつまでも過ごせるはずはない。
翌日、小柄な若い男が来て嫌がらせが出る。午後また来た。 (神?)の暴力団、とってもすごく、個室に行くことの強制である。一室五千円の個室になんて入るはずはない。炊事道具共一万二千円以上になる。
間に合わせの夕食をガスにかけて椅子に腰掛けていると、若い、細〜い、背の高〜〜い、麻薬犯のようなやせた男が飯を食べてます。
いただきません!もらいません!お断りします! 軟派の暴力団と見ゆ。
かなり過ぎて、左方の方から醤油で濃く煮た平たい直径2.5センチほどのものを20くらい小皿に並べたものをガスの火種においた。 顔は見ない。少しも手を付けず、言わず語らずもどる。
夜半、暗がりで横になって寝ている顔の前に、ずんぐり女が来て、さっきの皿など持ってきて置いていった。はじめは毒を入れない、不気味にし〜んとしている。試しにちょっとそっと口に入れて思わず噛みかけた。
ものすごくとっても苦い。吐き出し、口の中を拭く。 口を洗いたくてもすぐ追っ手が来ると思うと起きられない。苦さが口に残らない。異常な緊張をしつつ、皿の毒物を始末した。
誰にもお世話様にならず、(   )なこと、後を振り向かないこと。 吹きっさらしのバス停は風が水平に吹く。雨具は蝙蝠傘一本で、風がまた強くなる。 大雨になりそうだが、すぐずぶ濡れになっても暖まりには絶対に戻らない。
心の中で早く遠ざかること、これの言い続けであった。鵺鳥だけが怖いのではない。一生付きまとって、凄んだあの脅しが怖い。付きまとっている。
もう来ることは絶対にないのだ。山、山、山。この温泉よりほかに家もない、人もいない。どこに埋められようと知れることではない。
山、山、山のほかに何もない。山、山ばかりである。
熊の山。

(深々と礼)

zaikabou.hatenablog.com


これの他に、以前、某所から2つの音源を手に入れることが出来、我々はその音源を元に、喧々囂々の議論の末、速記を起こしたのだった。もう8年も前のことになる。懐かしい。
その頃でも、都知事選の三井理峯先生の映像『白い拘束服のようなものを着た三井先生が延々と本を読み上げる』は我々の間で半ば伝説化しており、見たい見たいなんとしてでも見たい、と噂していたのだった。それがyoutubeで見られるとは、良い時代になったものだ。
その当時、蓮実重彦の息子がこの手のモノのコレクターであり、問題の映像を見たと言う証言者も、彼に見せてもらったのだ、と言っていた。風の噂なので、詳細は定かでない。
もう一つ。三井理峯先生については、早稲田大学の学内で発行されているミニコミ誌『早稲田乞食』
http://www.geocities.jp/wasedakojiki1978/
もいち早く注目しており、鳩ヶ谷市の自宅突撃を敢行したりしているのだが、そのバックナンバーは問い合わせてももう残っていないと思われる。この時、早稲田乞食の取材者は三井先生本人には会えず、家人に大変迷惑がられたらしい。そりゃそうですね。

では、当時調べた資料の一部として、選挙の記録を。彼女は選挙に合計5回立候補していると思われる。以下は、古新聞を漁って調べた、立候補したときの記録である。

投票日 選挙 得票数
1989年7月23日 参議院選挙東京都選挙区 2109票
1990年2月18日 衆議院選挙東京4区 674票
1990年9月9日 鳩ヶ谷市長選挙 82票
1991年4月7日 東京都知事選挙 829票
1992年7月26日 参議院選挙東京都選挙区 1615票

(追記:wikipediaの情報によれば、1994年10月の埼玉県鳩ヶ谷市議会議員選挙にも立候補し、56票を得たとのことです)
youtubeに上がっているのは、このうち、1991年の東京都知事選挙のときのもの。これ以外にも2つ、手元の音源から文字起こししたものがあるので、以下に紹介する。
最初のものは、1991年の都知事選のものなのだが、youtubeに映像があるものと、喋っている内容が違う。


1991年 都知事選挙

東京都知事候補 無所属三井理峯七十九歳
参議院 衆議院 市長 立候補 各1回
東京生まれ 陸軍工場に働きつつ専検合格
東京女子師範 本科専攻科卒
都小学校元教員
では続いて 三井理峯さんの 政見放送です

今回立候補しましたのは、私が東北の後生掛温泉を命からがら逃げましたのをNHKは秋田放送で大層誰でも行きたくなるような宣伝をいたしました。
知らずに行くと、あたくしのような目に遭って殺されます。取り消しの要求に応じません。
その後
ドイツから政府のご命令で、ドイツの刑法の最高の権威の教授が日本の犯罪資料の調査に再度来日せられましたので、はじめはなかなかお願い申し上げにくいも思いましたが、この『我は平民?』をこしらえまして、もうすでにできておりましたので、これを未解決な問題として教授にお願い申し上げたいとドイツ大使館様へお願い申し上げました。これを大使館様がドイツへ送りますとご通知下さいました。で、それを『?』の一番最初に掲載いたしまして大使館様にお礼としてここに印刷してもらいましたのを読み上げます。

『ドイツ大使館様
大使館様から私の初めての著書『我は平民?』をドイツに送って下さいます旨ご通知下さいました。悲壮な境遇の人生におきまして、これ以上の光はない名誉と心の奥からありがたくお礼申し上げます。慎重に慎重に慎重の上にもより強く自己を意識して努力を続けます。外国、特に法律の最高の権威のお国に私の著書が行く最初となります。
株式会社岡本屋様が一冊の書物にまとめて下さいましたこともこの度の恩恵となりました。高度の印刷技術を行使下さいましたことと存じます。深く頭を下げてお礼をここに記しておきます。
平成2年夏 三井理峯
今日始めて 庭木にニンニンゼミをきく』

去年 衆議院に立候補しましたのもこの問題の解決を図らなければならないからでございましたが、NHKの録画で、全く心にもないことを、強制自白さながらの目にあいました。この二つはどこからお金がでてるかなど全く強制自白の罪でひでえもんでございました。
参議院選挙で、私が思いもかけなくたくさん票をいただきましたのを全部買収だと思いこんで、どうでもこうでも
(不明)さながらの大金が入って、それをどこから金が出ているのか言えということでして、全然どこからもらっているのではありません。まずはただの一票でも、知っている人に「おねがいします」なんて言ったんではありません。どこのどなたが投票して下さいましたかまるっきり存じません。いくら言えったっていえるもんじゃありません。そうしてその追求は今でもまだ続いております。
どっからどこまで実はこいつが(不明)酷いと思います。
もっとひどいことはこの録画日程のことで、私がまるっきり知らないのに日本の麻薬の密貿易のことであり、外国からたくさんおかねをもらってこっそり日本人の密貿易の様子を探っては、そうやって売り込んではお金をもらって、そして実はまたお金をもらっているということで、どっからそのお金が出ているのだと、強制自白、いくらなんでもあんまり酷いと思いました。
こうなるとまるで、NHKが麻薬の密貿易をやっているとさえなるかと言いたくなりますが、この陰には、比留間鳩ヶ谷市長があらゆる場合に名前を出しませんけれども、みんな比留間鳩ヶ谷市長がやらせているぐらい、分かりすぎるほど分かっております。後生掛温泉の暴力、すごい暴力と一緒になって、もう分かりすぎるほど比留間市長がやっていることは分かっております。
どうもこの頃、こういう事から考えると、比留間市長は少し気が変になっていると思っております。
私はまるっきり知らないのに、本当にそういうことをやっていると思い込んでは、そうして、そっち行っても探り、こっちいっても探りで挙げ句の果てに、今度立候補してこんな事情を世間の人たちにまるっきり根も葉もないことで、どっこらでもお金を貰っているのではないということを知っていただけると思って立候補しましたら、選管でもって、広報原稿の審査するふりをして、「またこんな事」突っ返されました。 その場はこれでも公職選挙法の尊厳な場であると、どうにもシャクにさわるけれども感情をさらけ出してはならないと制御してきましたけど、年がら年じゅ〜そういうつっぱらかった悪は何をしているのか分かっております。
いま比留間市長が躍起になっているのは、私がどっからそういう外国からお金をもらって密貿易を通じているかということばかりで、検挙されると大変 これもって もうこうなると被害妄想とか何とか言うことしかないと思います。 この比留間市長を引き留めることができません。これさえできれば、私は今回は選挙に出なくてもまにあうのです。
どうにもこうにもしようがございませんから、世間様に訴えてそうして世間様の制裁を仰いで助けを求めたいと思います。

無所属 三井理峯さんの 政見放送でした

1992年 参議院選

参議院東京都 無所属三井理峯八十一歳
東京生まれ 都小学校元教員
豊島区から脅迫不当移転のため天理教政宗一致鳩ヶ谷市居住
参衆市長都知事選立候補各一回
では三井理峯さんの政見放送です

悲願の畏敬せる学者のご住所に本籍を移しました。NHKの歴史資料室顧問、されば、知事選の時、遠慮して辞退届に都庁に行って追っ払われ、三月一八日の件は新聞に一字も出ませんでした。いい加減な根性で立候補はできるものではございません。居住地は天理教政治、天理教政治宗教一致に服従せず、公式宣言をしております。
同時に買収選挙。私に対して、自分の金でねえから平気でる、どこで金出しているのか、誰がやらせているのか、堪ったものではない。今度は公然と発表します。政府から、参議院候補者一人について、三五〇〇万円なり。日本中の方々の税金で、日本中の方々がやらせてくださいます。最初に立候補の時からこの考えはできております。
しかし困るのは、只で入れるはずぁねえ、東京中今でも探し回っております。私はどこのどなた、投票してくださいましたか存じません。当選しなければ何の意味もないなんてそんな根性は持ちません。
つい先日、広報の学制大改革が発表されましたが、都知事選、広報の、フランスの留年と日本の留年は別、外国を参考にするな、実現しております。さらに前年、市長選、ポスターに、大検アドバイスを発表しております。また、外国公館にもどこにでも、ずばずば、長文で書いて届けております。
牢にぶち込まれました。牢にはいると長く生きないというのは毒殺することで、この私が証人となります。後の埼玉医科大学のこと、ここにぶち込まれているとき、日大の音楽部の方々が、慰問に見えられ、あのしんみりした真心は、一生忘れられません。準備にさぞ、たくさん時間を加えられましたことと、ここに、厚くお礼申し上げます。
精神科医が、ほうか殺傷する強硬な毒物を処方して利用させていることは、薬理学者が新聞に指摘しております。さらに、こういう毒物を使う精神科医を処罰しないのはどうかと思う。千葉県の惨事は、おそらく、麻薬系の何物かと推測しました。県庁に直接行って、知事に面会を求めましたが実現せず、
房州の暴力団と北山建設の一件を、海水浴季節の前に解決したいとわざわざ行きましても、相手にせず、あまつさえあの惨事を言い出したとき、悪魔の形相となりました。千葉市の、国立薬用植物試験農場の灰と同一の形相と、きつく述べておきます。とてもとてもひどい目にやられました。

松沢病院は死病院。

茨城県八郷町の丸山荘は、役場と、バス会社と、サツと、三位一体で、胴体の入るばかりの金属製箱があり、これに善良な旅行者を捕まえて押し込め、運びます。私は、まだ従兄弟という先入観が抜けきらず、役場に総務課長を訪ねました。(不明)の件で、相談に乗ってもらおうと思ってのこと。ちきしょう、その結果、こうして運ばれました。私に膨大な生命保険がかけてあることはまだ知りませんでした。
ありがとうございました。

参議院東京都 無所属三井理峯さんの放送でした。

なお、三井先生を取り上げた書籍としては、昨日も紹介したが

誰が新井将敬を殺したか

誰が新井将敬を殺したか

電波系

電波系

などがあげられよう。選挙公報の画像なども収録されていたと記憶している。ブクマコメントでご指摘あったのだが、小林よしのりゴーマニズム宣言で取り上げられたのが、知名度upでは大きいようだ。
なお、選挙公報の画像は、泡沫候補関連のwwebサイトの老舗、政見放送マニアックさんのページでも見ることが出来る。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6451/
候補者名別インデックスで、『三井理峯』で引けば、3つの選挙での広報が拝める。これもなかなか、パンチの効いた内容。
追記:大事なものを忘れていた。mixi三井理峯コミュにも
http://mixi.jp/view_community.pl?id=137886
三井先生に関する貴重な情報が。『我は平民』の探索記録とか、高円寺の円盤で売っていた7'inchの話とか。管理人さんは、私に三井理峯を教えてくれた大恩人。
さらに追記:とうとう、wikipediaにも!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%95%E7%90%86%E5%B3%AF
これを編集した人は、泡沫候補の情報ばかり編集しているようだ


追記(2007.7.13):三井理峯先生、お亡くなりになっていたようです
zaikabou.hatenablog.com

追記:その後、また後生掛温泉に行きましたので、その記録をとどめて置きます
zaikabou.hatenablog.com