読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

横須賀美術館 開館記念展『生きる』

6時起床。やや、昨日の酒が…。今日は大変に良い天気。こんなに良い天気で家にいるのも勿体無いので、11時過ぎに家を出て、横浜乗換えで馬堀海岸駅。バスに乗り換えて、4月28日にオープンしたばかりの横須賀美術館に行ってきた。
観音崎のすぐ近く、道路に面した高台に建つこの美術館は、横浜出身(在住?かな)の山本理顕の設計によるもの。以前の展覧会
http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20060212#1139738110
でその模型を見て、おお、早く出来ないか知らん、と楽しみにしていたのだった。

芝生の脇の坂道を登り、振り返ると、そこには観音崎の海が広がっているのだった

外側のガラスと、内側のホワイトキューブの2重構造になっている建物。やわらかい曲線に包まれる内部の白い空間に、ところどころに丸い穴が穿たれて、そこから光が差し込んでいたり、海が見えたりする。



外側から見るとこんな感じ


螺旋階段を登っていくと、その隙間を見つつ

展望台に出る。この展望台が、広々した開放的な空間から海を見ることができて、とても素晴らしいスペースになっているのだった



リゾート施設みたいですな

で、さて、開館記念展のほう。黒澤明の映画みたいな題名の展覧会だけれど、ヤノベケンジジャイアント・トラやんがお出迎えして掴みはOK、なのかしらん。石内都の、傷ついた身体の写真。石田尚志は旧作だけれど『部屋/形態』の流れるような映像が本当に素晴らしい。ヤノベケンジのトラやんの世界、あっちこっちの展覧会で都合4〜5回見た記憶があるのだが、見るたびに少しずつ内容が変わっているような気もする。あれ、お子様にも評判が良いですね。全体的にこの人の作品、使いまわし感が非常に高いのだけれど。あと、木村太陽が相変わらず全体的に馬鹿馬鹿しい。木村太陽の作品は本会場の外にもあるので、お見逃しなきように。
個人蔵や作家蔵の作品が多く、おそらく、画廊の協力を得て借りてきたのだろうなあ、と思う。
収蔵品展のほうも見てみた。近代以降の日本の作家の作品を、割合、名前を網羅するようなイメージで見境無く買い集めているのかなあ、という印象。名前はそうだけど…みたいな、あまり面白くないものを買っているようにも思うが。ただ、そんななかに、珍品なればこそ、みたいは変な面白いものもあり、例えば古賀春江の『夏山』とか岸田劉生の『野童女』なんか面白い…と書こうとしたら、それぞれ、他所から借りてきたものだった。うーん。
別館として谷内六郎館もあって、こちらでは週刊新潮の表紙原画を飾ってあった。美術館は家族連れが結構多くて賑わっており、レストランは行列が出来ていた。次回以降、企画展に期待いたしましょう。

船に乗って

美術館のオープンにあわせて、観音崎から記念艦三笠までの船も就航していた。猿島に寄って、三笠まで行くらしい。土日のみ、4便。せっかくなので乗ってみる。三笠まで1000円は、ちょっと高いけど。

観音崎を後ろに見ながらの船旅

一応、横浜のほうまで見える

猿島で大勢乗ってきて、


定刻どおりに三笠へ。あんまり、途中の景色が面白い、というような船旅ではありませんが。横須賀観光の足としては便利かな。もう少し値段を下げたほうが良いと思う。

記念艦『三笠』も

で、実はワタクシ、三笠は今まで見たことなかったので、見学していくです。


まあ、三笠と言えば言わずもがな、日本海海戦バルチック艦隊を撃破し以下略…なわけですが、どうも『語り』の要素がありすぎるのですね、この船。それだけ、当時の人間の人口に介錯する機会が多かった、民衆意識に強く根付く船だった、ということなんでしょうけれど。それは例えば、『皇国の興廃…云々』であり、Z旗であり、所謂東郷ターンであり、もしくは謎の爆発自沈でもあり、という基本的なところから始まって、色々と面白い周辺の話、があるわけですね。

で、当然、こういうところにやってくる男は、夫婦であれ、カップルであれ、その語りの魔力に犯されずにはおれないわけです。当然、艦内のあっちこっちで、日露戦争の名エピソード、珍エピソードを熱く語りだす男たちが続出。連れの人が『へー』と言うしかない、ある意味で男の一番みっともないところの大博覧会となっておりました。にゃはは。

そんな中で、二人で『広瀬中佐』の歌を合唱している老夫妻は、なにやら心温まるものがあったのでした。

三笠を後にして、横須賀中央駅まで。駅の近くの、海軍さんのカレーの本店?のレストランでカレー。デフォルトで牛乳付きなのが嬉しい。カレーも美味い。横須賀中央から快速特急で帰宅。
家の近所のスーパーでくじ引きしたら、アルミホイルを貰った、そんな休日。