日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

とりあえずお仕事水曜日の日記

4時に起床。夕べ発生したトラブルの関係で、ちょっと電話番をしなければならず。そっちのほうはある程度予想の範疇で解決して、昨日ほっぽってしまった仕事の書類など作成。終わって、シャワー浴びて朝飯。ごはんと納豆と味噌汁。
8時過ぎに出かけて、自転車で弘明寺へ。行ったり来たりしつつ、お仕事。昼前に無事終了、良かったあ。またまた自転車で一旦帰宅、走行距離は15kmとちょっと。
スーツを脱いで、旅行にもいけるけれど仕事でもまあおかしくありません、的なラインの服に着替えて、旅支度の荷物を抱えて出発し、途中、打ち合わせの資料をコピーして電車で東京駅、コインロッカーに旅行の荷物を預けて、昼飯に駅そば、大江戸という構内のそばやは正しく駅そば水準の安定した味であり、そして近年、駅そばにしてももうちょっとなんとかなるだろう、と思ったことについては敢えて述べない。述べましたが。
ATMに寄ってクレジットカードの決裁など済ませれば、おお、余裕があるはずだったのにあんまり無いぞ、日本橋川の高架下などの萌え萌えしながら歩いて客先、打ち合わせ。終了後、さらに別の客先も、ああ、疲れた…。仕事の電話頻繁、ややこしい話も多く
それでも上機嫌で、降り出した雨の中を歩いていると『雨に唄えば』など思わず口ずさみ、六本木のアカデミーヒルズでメールの確認などしている。さて、これから東京駅に戻って、サンライズに乗りますよ!

サンライズで旅立ち

毎年、紀元節の頃に、大学の時のサークルの先輩と式内社をめぐる旅をするのが通例になってきた。
壱岐・対馬の旅 1日目 - 日毎に敵と懶惰に戦う
出雲隠岐の旅0日目 - 日毎に敵と懶惰に戦う
のんびり伊豆の旅1日目 - 日毎に敵と懶惰に戦う
今年も行こうと思う。今年は、しまなみ海道大三島にある“日本総鎮守”大山祇神社に詣でつつ、松山広島と廻る予定。毎度のことながら、のんびり適当に、ぶらぶら用事も無く、甚だ暢気な旅になることだろう。まず出発は東京駅発22時のサンライズで。2年前の夏、なかなかとれなかった切符が今回はいかなる天啓かきっちり3枚手に入り、めでたくサンライズでの旅立ちとなった。

東京駅地下のグランスタにある酒屋でビールと日本酒を買い、指定された個室にてお互いの無事を確かめあって後、すぐにラウンジへ。缶ビールが開き、相も変わらずな馬鹿話に花を咲かせていればあっという間に横浜、大船、そして小田原。小雨の車窓を眺めながら飲む酒の美味いこと。楯野川の純米吟醸の美味いことよ。幸せな気分に浸っていれば西へ西へと進み、富士を過ぎるころに日が変わり

酒もカラッポになり、明日も早いのでそろそろ寝ましょう。

サンライズ出雲のシングル個室は大変広くて快適

外は小雨が降り続いて寒そうだけれど、室内は大変に過ごしやすい気温で、それなりに酔いも廻り、静岡を過ぎるころにおやすみなさい