日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

船と川の映像で楽しんだ土曜日

週末の疲れを引き摺って起床、9時過ぎに出て、京浜東北線で有楽町、マクドナルドで朝マックして、月島へ。越中島の桟橋発で、『川から日本を見てみよう』ツアー。詳細はまた別に!

堪能しておなじ場所に着岸。夜から第二部があるけれど、一旦離脱して、銀座へ。タリーズでアイスクリーム食べて一休み。暑くて疲れたのう。銀座の街をぶらぶらしていると、蓮舫がやってきて大賑わい。そんなに人気があるのね…。参議院議員選挙を控えた最後の土曜日、銀座はどこを歩いても候補者ばかりで、国民新党敏いとうも地味に活動しておりましたよ。
博品館も覗いてから、有楽町から神田経由、阿佐ヶ谷へ。下りると、保坂展人選挙カーが。聞いてみると、6時くらいに本人が来るらしい。そうか、保坂さんは杉並が地盤だものね。商店街で早めの晩飯を食べて、6時くらいに戻ってきたら、ちょうど本人が現れたところだった

その姿を確認してから、ロフトAで行われる『川から日本を見てみよう』の第二部。これも詳しくは別途…書けるだろうか…。終了後、かなり遅くなっていたので、すぐに辞して。新宿経由で帰宅する。

『川から日本を見てみよう』神田川・日本橋川ツアーと川の映像イベント

東京静脈』という、素晴らしいDVDがあります

東京静脈 [DVD]

東京静脈 [DVD]

野田真外さんによるこのDVD、神田川日本橋川を、ゆっくり航行する船から撮影した映像。普段はなかなか見ることの出来ない、都市河川からの視点、その静かな映像が、川井憲次のBGMをバックに淡々と流れる。その淡々っぷりがたまらない魅力。
もともと、2003年の六本木ヒルズのオープニング展覧会『世界都市展』にあわせて製作された映像。森ビルによる『東京はまだまだ高層化が足りないよ!ぼくたちはもっともっと(主に港区の土地を)地上げして、もっともっと高層ビルを建てるよ!』というヴィジョンに沿ったこの『世界都市展』には、私のようなクラスタには辛抱たまらん感じのコンテンツが溢れていました。
http://fieldsmith.net/bslog/archives/2003/04/post_11.html
http://fieldsmith.net/bslog/archives/2003/04/post_12.html
その中でも目玉は、東京、ニューヨーク、上海、ロンドンなどの都市模型。同一縮尺で作られた巨大ジオラマには度肝を抜かれたものです。そしてもう一つの目玉は、押井守による東京空撮ハイビジョン映像『東京スキャナー
東京スキャナー - Wikipedia
美麗でブレのないハイビジョン空撮映像にも夢中になったものです。そして、その影に隠れて…いやいや、隠れていない、一部好事家の間で大変に話題になったのが、川からの映像『東京静脈』だったのですよ。
押井守の『パトレイバー』には、東京の都市河川のシーンがちょくちょく登場します。工事用レイバーが暴れるシーン、帆場暎一の足跡を辿るシーン、南雲と柘植の密会シーン。そのロケハンとして押井守は東京の川を巡っていたんだけれど、これが元となり、鳥の視点『東京スキャナー』の対となって製作されたのが魚の視点『東京静脈』だったわけです。犬の視点はどこだ。
『世界都市展』終了後、六本木ヒルズの売店で販売となった『東京スキャナー』と『東京静脈』のDVDを即買いしたのも良い思い出。その後、六本木ヒルズの50階に一時期オープンしていた『森都市未来研究所』でもちょくちょく映像をみることが出来ましたが、これはあっけなく閉鎖。そしてDVDも、長らく絶版になっておりました。
で、今回。なんとDVDが再販されることに。しかもお値段を下げて。しかも、同じ航路を逆に辿った映像『東京静脈R』とセットで!
東京静脈R [DVD]

東京静脈R [DVD]

実は製作した野田さん、当初は、川の映像なんて押井ファンくらいしか見ないだろー、と思っていたらしい。ところが、その後ちらほらと、『ドボククラスタ』的な好事家からの反響が増えてきたとか。そんな機運の盛り上がりもあって、今回、無事に再販ということになったようです。
Granaten グラナーテ
そして今回、この再販を記念して、日本橋川神田川を辿るクルーズと、秘蔵映像上映イベントが開催されることになったわけです!相変わらず前置きが長い!
東京静脈クルーズ100710 | BOAT PEOPLE Association
越中島から出発したクルーズは、それはそれは夢のようでございましたよ…














そして夜は、阿佐ヶ谷のロフトAで、秘蔵映像の上映とトーク

東京静脈』が産まれるまで、都市河川の魅力、そんなことを語り合いながら、次々に流れる東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡、柳川の映像が、たまらなく魅力的なのでした。『静脈列島』シリーズ、名古屋とか大阪とか素晴らしいなあ。
このイベントについてはまとめが沢山あがっていますので、是非、そちらも参照してくださいませ
Togetter - 「7/10 東京静脈クルーズ」
「住宅都市整理公団」別棟 : 「川から日本を見てみよう」クルーズたのしかった!
ごめんなさい - 東京エスカレーター取材日記
夏のクルーズ第二弾「東京静脈クルーズ」: ひまつぶ誌かつおぶ誌 -annex-
都市河川学会 イベント大成功/ありがとうございました
MOVIE | BOAT PEOPLE Association

なお、今回のクルーズの企画にも関わっており、トークにも参加いていた『BOAT PEOPLE Association』さんには、私もたのしいイベントでいつもお世話になりっぱなしです。
BOAT PEOPLE Association
クルーズはこんな感じ
東京低地クルーズ〜扇橋閘門を抜けてスカイツリーを見に行く - 日毎に敵と懶惰に戦う
そしてこの翌日も、横浜の運河を巡る旅をして、堪能したのですよ…。これも素晴らしかった。都市河川を巡る旅は実に楽しい。どう楽しいかという話は今回のトークイベントでもいろいろ話されたんだけれど、とにかく楽しい。だからこういうイベントを見つけて楽しむなり、DVDを買うなり、是非してほしいと思います!

東京静脈 [DVD]

東京静脈 [DVD]

東京静脈R [DVD]

東京静脈R [DVD]