読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

猛暑の中、熱海から横浜へ、自転車で

熱海の旅館で早くに起床し、6時前に風呂、布団でだらだら、7時過ぎに風呂、8時に朝食、布団でだらだら、と最高に贅沢な時間を過ごしまして、もう9時だ。お会計を済ませて出掛ける。とにかく、さっきからニュースを聞いていれば、今日は物凄い猛暑、各地で35℃を越えて、消費電力もこの夏最高になる予想だと言う。ちょっと、自転車、危ないかもしれない…。寄り道をいろいろ考えていたけれど、素直に、休み休み、帰ろう

熱海の駅前から走り出してはみたものの、これは…。まだ10時前だというのに蒸し暑く、日差しは凶暴で、おまけに足は疲れ気味である…初手から大丈夫か、な状態に。10kmほど走って真鶴に辿りついた時点でかなりきており。駅前の日陰のベンチで冷たいものを一気に飲みほしてしばらく休憩。水分はどんどん取らなきゃいかんけど、炭酸とか飲んでると当分取り過ぎになるなー、気を付けないと。
気合い入れて真鶴出発、ここから先も国道135号線、海沿いを。20kmくらいでのんびり、どうぞお先に、と走っていれば、それほど怖くはなかった。とにかく、暑いけれど、景色はいいのよ

とにかく前に進み、国道1号線の合流、昨日も休憩した小田原宿の休憩所へ。かき氷、いただきます!うめえ!

冷たい水もがぶがぶ飲んで、11時半頃腰を上げて、134号線の始点当たりを次の目標にしようかなあ…と走りだし…。正直、このあたりが一番つらかった。太陽は高く、カンカンに照りつけ、国道1号線アスファルトの照り返しはきつく、ちょっとの坂道でもヒイヒイ言っている。すこしく、ぼんやりしてきて、前をよく見ていなかったのだろう、停めてあった郵便局のバイクにすんでのところで接触しそうになり、あわわ、という間にチェーンが外れたよ。これはいかん…二宮の交差点、日陰でしばらく休憩

結論。今日の気候は自転車に向かない(キリッ
http://twitter.com/#!/zaikabou/status/101128887693615104

もうちょっと頑張りましょうと走り出し、大磯から国道134号線に入ってすぐにある、ガスト平塚海岸店に入った時には、もう、なんだか、よくわからん状態になっておりました。また水分をがぶがぶ、日替わりのハンバーグ、スープがしょっぱくてうめえ。もうちょっと塩入れるとさらにしょっぱくてうめえ(やめなさい)。デザートにゼリー、水分がぶがぶ、がぶがぶ、どんだけ飲んでるんだ、今日は…
たっぷり休憩して、2時前に出発。ここから先は、さほど辛くなかった。確かに暑いのだけれど、海沿いの国道134号線は常に風が吹いていて、涼しい。気温も30℃くらいが保たれている感じ。海は偉大だなあ。サザンビーチのY's Road にちょっと寄り道、トライアスロンのウェアとか売ってる。さすが湘南。ここからは海岸沿いの自転車道をゆく。とても波が高く、海の家が出ているようなところ以外には、人はあまりいない。少し砂浜に降りてみる。

遠くには江の島が見えてきた。俺の家も近い。20km以上あるけど

この自転車道を通る限りでは、酷暑、というわけでなく、気持ちの良い暑い晴れた夏の日、ということで、大変快適。風が強くて砂がじゃりじゃりすることを覗けばね。茅ヶ崎の海岸に、いくつかこのような雛段があり

ここに寝っ転がると、いや、実に気持ちが良いのですわ

海を眺めがら、わたしもしばらく。そうだよなあ、こういうところに住んでいたら、海が好きになるだろうな

ま、こんな光景を見ながら、さっきから頭の中を流れる音楽は『ワルキューレの騎行』なんですけどね…。この匂いがわかるか!ナパームの匂いだ!。だんだん近づいてくる江の島を見ながらゆっくり進み、砂を途中の水場で流したりしつつ

鵠沼海岸に来てみれば、さすがにここは海の家が沢山あって、若いのが大勢。あちらこちらで、若者連中が求愛活動に励んでおりました。夏の海というのは、泳ぎとかそういうものを披歴する場所ではなく、体の見た目そのものの品評会でありますかな…。痩せマッチョなあんちゃんが腕立て伏せをしていて、あれも求愛活動の一種なんですかね。
江の島までたどり着き、海もじゅうぶんに見たので、ここからは西鎌倉手広を経由して大船まで。笠間十字路を通って鎌倉街道、野毛の我が家に帰宅したのでありましたs。昨日80km、今日80km、距離はそれほどでもないけれど、しんどかった…。とにかく、このすっぱいものを洗濯機に…。
洗濯して、シャワーも浴びて、荷物も片付けて、プランタに水もやって、洗濯物も干して…さて、ビール飲みに出掛けるよ!本日オープンのこちらへ
ビール醸造所・BAY BREWING YOKOHAMA
ヌビチノのオーナーもお手伝いしていた。お店は大変な盛況、横浜ビール・ヴァイツェンと、ピルスナー・ウルケルをいただく。やっぱり美味い!それから、福源楼で冷やし中華を食べ、うーん、このへんから体調がすぐれず、ちょっと熱中症の気かなあ…。ちょっとしんどい感じで帰宅し、首の後ろを冷やして冷房をしっかり効かせて、ゆっくり休んだのでありました。