日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

京都で町家に泊まる

本日も出張、だけれど、まずは新橋に7時に出社してお仕事。講演会に出席したりしましてな…。昼飯にシウマイ御弁当を買って品川から10時57分ののぞみに乗り、京都へ。下りエスカレーターの目の前の8号車の扉から、一番で飛び出し、改札を出て、切符を買って近鉄に…間に合った!2分で乗り換えできました。また丹波橋で乗り換えて、京阪で樟葉、客先。
終了後、一旦東福寺で降りて帰りのキップを買ってからまた京阪の人となり、三条へ。歩いて向かうは本日のお宿。
トップページ | 明治・大正時代の京町家にリーズナブルに宿泊・レンタル【懐古庵】
これは昼間撮った写真ですが

路地の奥にある一軒家の町家をそのまま貸してくれるのですね。この季節の京都はなかなか宿が取れないのだけれど、今日はたまたま、楽天トラベルで安くなっていたのだ。この『懐古庵』は周辺にいくつか同じような町家を持っており、路地の長屋全体を宿泊施設にしているこちらのほうが雰囲気があるかな


今日泊まるほうは、入口入ると台所があり、ちゃんと奥には風呂もあるぞ


家具、調度などは、おそらく、人が住んでいた時のものをそのまま使っているんでしょうね。でも、食器類はしっかり揃っていて、炊飯器などもあって、しばらく自炊しながら逗留できそうなお宿。米や調味料も置いてある!



1階の奥に縁側とトイレがあって、さらに2階もあるのですよ。急な階段駆け昇ったら

レトロで素敵な洋間が


やはり、以前住んでいた人のコレクションなのだろうか、レコードもけっこうあるな…


勝手にあけていろいろ使ってください…という感じで、人の家にお邪魔して好き勝手、というような、なんともフリーダムなお宿です。ま、ともかく、飲みに行きましょ。ぶらぶら歩いて、いつものここへ

カウンターに座って、まずはビール。それからお酒をいただきながら、活きシマアジ、鯖キズシ、万願寺肉詰、魚の南蛮漬け、鮒寿司、海老芋唐揚、奈良漬、粕汁。鮒寿司は今日も美味かったし

鮒寿司、奈良漬、粕汁、日本酒と揃うと、お米の国ばんざい!って感じですねえ

ここの粕汁、すっごい美味い西京漬とか、赤コンニャクとかどっさり入ってて、これが180円とか。素晴らしいなあ。日本酒は茶70、ひやおろし、黒80といただきまして、3合で850円、これまた大変お安い。おおいに満足して、ぶらりぶらりと店を出る。
白川のほとりを、ぶらぶら。ちらちらと、店の2階に芸妓さんなどが見ゆる。間口の、通りのほうから見るとケバケバしい、新宿あたりと見わけがつかない雰囲気だけれど、白川の川沿いを見ると、風情に溢れる店が並んでいる。京都は奥に入らんとわからんところなんですね…
一旦帰宅してからまた出て、近所の燕湯という銭湯に向かい、ゆっくり風呂に浸かり。宿に戻って2階の洋間で、クラシックのレコードを聴きながら、祇園の美味そうな洋菓子屋で買ったショートケーキをつまみに、プレモルを飲んでいた、幸せな週末。ひとりですけどね