読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

青森の旅1日目、十和田市現代美術館と奥入瀬渓流ホテル

起きたら5時半、支度を整えて家を出て、東京駅に7時集合。本当は8時開店のはずのグランスタがこの日は7時からやっている!そして東京駅構内はごった返していて、開店したばかりのグランスタのお店に弁当を買う人たちが殺到し…。というわけで、本日から三連休、あたいは青森に、奈良美智巡礼ツアーに行ってまいります。旅のしおりも作ったしな!

7時32分のはやて…だけれど、車両ははやぶさのそれ、E5系ですよ!

快適な座席に身を沈めて、なんやかや、おべんと食べたりゲームしていたりすると大宮の次はいきなり仙台、そして盛岡、ややあって、10時40分、八戸に到着。ここからはバスに乗って十和田市に向かいます

そんなに恐縮しなくても…。11時の十和田観光電鉄のバスに乗車。車内で流れる注意事項があまりにも多く、ちょっと笑ってしまうぐらいになってきたところで、さらに畳み掛けるようにバス停の案内ごとに流れる同じ店の宣伝アナウンスにこれまたははは…と乾いた笑いが止まらなくなって、乗車すること1時間10分あまり。ちなみに、八戸から十和田市に行くには八戸駅からバスに乗るよりも、八戸から青い森鉄道で下田に向かい、そこからバスに乗るのが良かったのだなあ、と知ったのは、乗ったバスが下田駅を経由した時だったよね…。

十和田市現代美術館で開催中の『奈良美智 青い森の ちいさな ちいさな おうち』の宣伝ポスターが商店街にひらめいていて、その商店街を歩いていき、日本の道100選にも選ばれた官庁街の通りに出れば、見えてきます十和田市現代美術館

の向かいの広場に、なんか草間彌生が!

こんなのも

以前に来たときはなかったよね…
十和田市現代美術館 - 日毎に敵と懶惰に戦う
というわけで、さて、十和田市現代美術館であります

白い壁面に大きく奈良美智の女の子

exhibition_narayoshitomo
奈良美智「青い森の ちいさな ちいさな おうち」はそんなに規模が大きな展覧会ではない。ないけれど、ぎゅっと作品空間が作りこまれていて、とても濃密な空間になっていた。おうちが楽しい




君にメロメロー(『君に』って、右上にちいさく書いてあるのね)

常設の展示、2度目だったけれど、ロン・ミュエクのでっかいおばちゃん、栗林隆の覗き見る作品、ハンス・オブ・デ・ビークの、夜のドライブインレストランなどは、2度目でもじゅうぶんインパクトがあって、面白かったです。天井の高いカフェで遅めの昼ごはん、軽く、じゃがいものスープなどいただきまして(美味しい!)

バスを待つ間、近所の商業施設までぶらっと歩いて豚汁をいただきまして、あったまるわー。豚汁の中身のゆるキャラが歩いていたような気がしたけれど、こいつらだったのか…
くしたん|ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト
ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト
降り出した小雨に震えつつ、路線バスに乗るつもりでいたら、宿泊施設の送迎バスがたまたま止まり、奥入瀬渓流ホテルに泊まるのですがいいですか?と聞いたら乗せてくれる!というのでありがたい、快適なバスに乗車してうとうとするうちに到着したのは奥入瀬渓流ホテル。岡本太郎の作品の大きな暖炉が素敵なホテル


このホテル、かの星野リゾートがやっているんですが、その中ではわりとお安めなほう。建物はかなり古さも目立つ。もともと十和田観光開発がやっていた『奥入瀬渓流グランドホテル』だったんだけれど、経営的に行き詰まり、ゴールドマン・サックスが買収。星野リゾートが再建してホテル経営している、というわけですね。よくよく見れば図体が大きくて古さの目立つ建物を、うまい具合にリノベしておるなー、という感じでありました。
以前宿泊したことのある、八ヶ岳のリゾナーレも、もともとはマイカルグループが所有していたところを星野リゾートが買収したのだよね
りぞなーれに行きました - 日毎に敵と懶惰に戦う
一日、本当にぼーっと過ごす - 日毎に敵と懶惰に戦う
今日でりぞなーれともお別れ - 日毎に敵と懶惰に戦う
そんなわけで、到着していただいた緑茶とりんごジュースを混ぜた飲み物がおいしくて、お部屋に通されて、とにかく風呂へ。風呂も広くて露天風呂も気持ち良くて快適だったわー。5時にはすっかり夜の帳も降りて、渓流沿いのホテルの広い庭にランタンの道ができる

とてもきれいなんだけど、とにかく、寒い…。庭にも岡本太郎が!

そしてお楽しみは夕ご飯。ちょっと食堂っぽさが抜けないお食事処ではありましたけれど、地のものをしっかり使ったおいしいお食事でしたぞ


でねー、メインがしゃぶしゃぶだったんですが、なんとこのしゃぶしゃぶ、お鍋に日本酒を入れます…って、なんと豊盃の特別純米を!そのまま飲みたいです!と思わず言ったら味見させてくれました(笑)おいちかった。肉もよいお肉でした…


ほいで、デザートのりんごのムースと栗のアイスクリームが美味くてねー

ウェルカムドリンクとか、お風呂の満足度とか、デザートに力を入れるとか、さすが星野リゾートさん、特に女性の満足度を高めるための力の入れどころをわかっているなー、と思ったのでした。夜もまた温泉に浸かり、ふかふかのふとんで、おやすみなさい…
在華坊(@zaikabou)/2012年11月23日 - Twilog