読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ウィリアム・ケントリッジ『時間の抵抗』

金曜日。6時50分の電車で出社し、ちょっと仕事を済ませて、品川駅から9時57分ののぞみで西へ。車内でもお仕事。あまり食欲がない…。新大阪に12時26分着、中之島で打ち合わせ。
終了後、ちょっと中津で別件。阪急梅田駅まで歩いて阪急の快速急行に乗り、河原町へ。ちょっと歩いた先、元・立誠小学校にて

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」の開催一年前のプレイベントとして開催されているイベントを見に行く
http://www.parasophia.jp/events/a/william-kentridge/
ウィリアム・ケントリッジによる、2012年のドクメンタ13で発表された『時間の抵抗』は、講堂の中央に象徴的な動的オブジェ、あちこちに散在する静的なオブジェ、3方に5面のスクリーンが展開され、そこで多シークエンスからなる複雑で魅惑的で、だけれども、どこか突き放したような映像が流れる。そして重低音で響く音楽。空間全体が、時間の狭間を旅するかのようなめくるめく30分間。
これは一度じゃ足りず、もう一度見たくなる。なるけれど、18時30分に入って19時までなので、一回でおわり…
だけど、会場を出ようと思ったら、でっかい外国人の人が…おおそうか、この人がウィリアム・ケントリッジさん、ご本人だ!明日講演会があるから、来日していたんですね。とても大きくてやさしそうな方で、なんか、とっても嬉しい気持ちになったのです。大ファンですから…
必見の展覧会『ウィリアム・ケントリッジ』。その他、DOMANI展、銀座など - 日毎に敵と懶惰に戦う
この元立誠小学校の講堂という会場も素晴らしいよね…。関連資料などを置いてあるスタディルーム含め、芸術に包まれる多幸感に溢れておったよ

その後、いつものお決まりで、祇園遊亀へ

日本酒3合(金亀茶生70、しぼりたて生、活性にごり)、平目のお造り、鮒ずし、野菜の酒粕漬、粕汁。3230円。相変わらず、なんでもうまくて幸せだった。両隣の人といろいろおしゃべりしつつ。終電の1本前ののぞみで

帰宅したのでありました
http://twilog.org/zaikabou/date-140221