日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

図録放出会へ

日曜日、のそのそ起きだして、昨晩精して図録放出会に出すことにした本を抱えて…重いね!電車に乗り込む。浜松町で乗り換えて六本木、ロッカーに預けて、とりあえず六本木ヒルズ。森アーツのこども展と、森美術館の展覧会を見たけれど、とりあえず感想はまた今度にして…。こども展は丁寧でよく考えられた構成なんだけど、やっぱり地味だねえ…。森美術館のほうは面白いけど映像が多くて疲れるな


屋上から展望台をふらふら、ひとの少ないあたりをうろうろし、さて青山一丁目、京都造形芸大 東北芸工大東京藝術学舎へ。本日はこういうイベントがございましてな
第3回:アート好きによるアート好きのための図録放出会 | 弐代目・青い日記帳
もうすっかり支度も整っていて、すみませんもっと早く来て手伝えば良かった…まあともかく、チャリティで眠っている図録を放出して販売会をしよう!という素敵な企画なのですよ


歴史のついているものからつい最近のものまで、いろいろ並んでおったよ


13時30分のスタートすると、大変な盛況で

とても暑い中、いちにちその場で、楽しく過ごしたのでした。もちろん、自分も、図録を20冊くらい放出はしたんですが、やはり手に入れてしまうものもありましてな…

この、ちょうでっかい、国立新美術館『与えられた形象 辰野登恵子 柴田敏雄』の図録。迷った末(重いので…)500円でゲット。あと、『映像を巡る冒険 記録は可能か』の図録もあったのでこれは開始早々に確保
東京都写真美術館『北井一夫 いつか見た風景』『映像をめぐる冒険vol.5 記録は可能か。』 - 日毎に敵と懶惰に戦う
さらに、昭和62年に神奈川県立博物館で行われた鍋島の展覧会の図録、も手に入れて、ほくほくだったのでありました。詳しいレポは、やっぱりTakさんのところで
図録放出会vol.3 | 弐代目・青い日記帳
素敵なイベント企画したみなさん、ありがとうございました。終了後は、信濃町駅前の中華で打ち上げをして帰宅したのでありました。にしても、声がとにかく酷くてまいっただ…早く治らないかな…
在華坊(@zaikabou)/2014年06月01日 - Twilog