読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

木曜日、谷町四丁目『れだん』

ラブホテルで、あまりすっきりしない目覚めを迎え、新開地から電車に乗る。梅田行きの通勤特急というのがあったのでいいやん!と乗って座ったのだけれど、なんだか様子が違う。これは阪神ではなく、阪急の梅田に向かうという。阪神間の路線も難しい…そして列車種別もいろいろありすぎて難しい。隣の高速神戸で乗り換えて、阪神に入る電車で今日も西宮市へ。
さて、本日のお宿であるけれど。尼崎、京橋、新世界と飲み歩いたら、次はやはり、天満あたりが良いだろう…いや、別に飲み歩くために宿泊先を選んでるんじゃなくて、春節でとにかく宿が取れないからなんだけどね、けどね。こうきたら次は天満か、新世界か、鶴橋か、あるいはまた阿倍野橋でもいいし…などと思いつつしかし、ほんとに宿が無い。全くない。3万以上の高級ホテルか、西成当たりのドミトリーしかない。セキュリティ的にドミトリーはさすがに…であるし、高級ホテルは論外だし。ちょっといいかな?と思ったら、福知山線で特急に乗って1時間とか、そんなんばっかり。もう仕方が無いと、心斎橋のカプセルホテルにしたのです。んでね、支給される出張旅費と実際の宿代の差額はきっちり飲もうという倫理観を持っているざいかぼうさん、じゃあ今日はあそこにいったおうか…と電話で予約して再訪19時前に到着し、カウンターに座っただけでにこにこしてきちゃう。11人のカウンターは満席で、奥のほうから私含む8人は一斉スタートのおまかせ懐石3品コース1,900円となり、ちゃんと電話しておいてよかった。ビールを呑みつつ待ち、まずは1品目、蕪蒸し、おいしいなあ…

日本酒をお願いしましょう。このラインナップで500円均一とか、どうなっているんですかねこの店

まずは奈良の鷹長、純米極みあらばしり。うすにごりで、爽やかな味

そしてややあって出てくる2品目、一気にテンションがあがる

目の正月である。ヒラメ、燻製しめ鯖、甘エビ、カツオたたき、卵焼き、山芋の細巻き、牡蠣酢。どれもこれもいいんだけど、燻製しめ鯖がこの店の名物でもあり、とにかく素晴らしい…。おさけいこう、山口の原田、特別純米 にごり酒。これは、濃くて旨し!

ねっとりした甘エビも、生々しい牡蠣酢も、荒々しいカツオタタキも、みなみな美味いね…楽しくなってきちゃう。いつくしむように飲んで食べてしていると、あらもうお酒があいた…つぎいこう、和歌山の南方、純米吟醸南方熊楠の南方ですよ。とても優しいお味…

そして出てくる3品目、こりゃまたすごい

イカナゴとか、タコにホタルイカとか、牛肉の松風焼きとか、芽キャベツとか、鴨とか、クリームコロッケとか、ピーナッツ豆腐とか、生で甘ぁい人参とか、なんか葉物とか蟹味噌のムースとか、いろいろありすぎぃ…。鴨の滋味深さとか、人参と芽キャベツの甘味とか、カニクリームコロッケや蟹味噌ムースの旨味とか、いちいちニヤケちゃうのよね…
という間につぎのお酒だ、愛媛の、初雪盃特別純米おりがらみ。60本限定とか…松山三井だいすき!ふわぁぁあ、これまた、うまぃぃぃ

大変幸せな気持ちでゆるゆると時を過ごし、見ず知らずのお隣さんから鯖のサンドイッチをいただいたり…そういえば、この店にくると、必ず隣の人に鯖のサンドイッチを貰うんだな!なぜでしょう不思議(笑)そして、鯖のサンドイッチがバカにうまいのである。いつもおまかせの3品にしてしまうんだけど、いろいろほかのものも頼んでみたいのよねえ…

お客さんがそろそろ引き出して、こちらはもう少し余韻を、ということで、而今もいただいてしまうよ…純米吟醸 千本錦無濾過生。そりゃ、間違いなくうまい

デザートも貰おうかなと、納豆ティラミス、ほのかに、ああ納豆だ、という、しかしこれまた良い

だいぶん落ち着いたあたりでお店の人とちょっとお話したりして、大変よい気持ち。素晴らしい料理、生ビールに美味しい日本酒5杯、デザートで、楽しい4時間。5000円でおさまりました。谷町四丁目の『れだん』は素晴らしい店です。地下鉄を乗り継いで心斎橋に向かい、カプセルホテルに投宿、風呂に入ってさっさと寝たのでありました。
在華坊(@zaikabou)/2015年02月19日 - Twilog