読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

木曜日、天神橋1丁目『ミナミカワ』『とっつぁん寿司』

京橋で起床、東西線阪神を乗り継いで武庫川へ。お仕事。昼飯はコンビニで買ったサンドイッチ。終了後、また京橋に戻り、ちょっと仕事。梅田のヨドバシカメラで買い物をして、天満橋の駅で降りる。今日は南森町どまりなので天神橋筋の商店街をぶらぶら歩いたんだけど、すごいなこの商店街、どこまでも続く…そして飲み屋で溢れている…

一旦宿に落ち着いて、さて。今日は、大阪のお安いお店情報の信頼できる筋からいただいた店に行ってみたんですが、天神橋筋商店街の南の端からさらに脇道に入ったところにあり、なんだか、営業しているのかな、これ…酒屋が店舗のとなりでやっている、要するに角打ちですね

しかし、入ってみればおおいににぎわっていて、つめてもらってカウンターへ。雰囲気は柔らかくてとても良い。近所のサラリーマンが結構来ている感じかな。で、この店、角打ちなのに、つまみがハイレベルである。大瓶400円、牛たたき250円、活タイ造り300円。この牛たたきも、タイも、めっぽう旨いのである…

それ以外にも旨そうなつまみが冷蔵ケースに並んでいて、ホワイトボードには信じられない値段が並んでいて、なんだこの店…。そして、さらに、なんだこの店…感を高めるのが酒のメニュー

酒の値段がおかしい。200mlで黒牛純米400円、賀茂鶴純米吟醸360円…などなど。他にも、いい酒が20種くらい、みなこれくらいの値段なのである。焼酎は兼八ダブル280円が一番高く、他にも30種ほど並んでいて、みんな200円ちょっと。ウィスキーはブランツ130円(くじ付き)というのが目を惹き、ほかにも数種、ブランデー340円とかあるし、クラフトビールまであるぞ…。うっそー…大瓶じゃなくてすぐに日本酒に移行できるように小瓶かなんかにするんだった…。
まあとにかくビールをあけて、立山 無濾過特別純米生原酒 200ml 400円。うめえな…なんだこの店…

こんな店で飲めるなんて、大阪の人は幸せだ。仕舞は早いみたいで、日本酒頼んだあたりでもう続々と帰りだす。こういうのは長居は無粋なので、ビール大瓶、とても旨い日本酒1合強(立山無濾過純米生原酒)、牛タタキと活タイ造り、1350円にて。見なかったことにしたいレベルの店だ…。とにかくいい酒いい肴が超破格なので、また来よう…。

すぐ近くの大阪天満宮を横目に見つつ、商店街に戻り。ちょっと炭水化物欲しいな、と寿司屋へ

『とっつぁん寿司』という店にて、握り盛り850円、芋お湯割り380円。醤油は、塗る、らしい。ここも安い。味はわりと満足。こういう、酒のアテが前提の、気軽な寿司やいいな。メニューも豊富だ

ちょっともうひとつ…と、生ゆばうにのせも頼んじゃおう

すっかり腹もふくれて、店を出るころには商店街がすっかり暗くなっていた

今日は天神橋筋商店街を、天満橋の駅から大阪天満宮まで歩いたけれど、長く続く商店街、どこも良さげな呑み屋が沢山あったものの、特に天満宮周辺に、琴線に触れる店が多かったですねぇ…。いずれにしても、このあたり、もう何泊かして、じっくり巡ってみたいものです。そうだ、また来よう
在華坊(@zaikabou)/2015年03月05日 - Twilog