読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

箱根はおおむね平穏でした

日曜日、早起きしてちょっと会社に出て、用を済ませて綱島。両親と妹と合流し、箱根へ。ねんいちで一泊旅行してるんですが、今年は箱根にしましょうか…と言い出してからのあの大涌谷の不穏な情勢。まあ大丈夫でしょ、ととりあえず出発、御殿場経由で仙石原へ、平穏無事、雄大でありますよ。


昼飯は仙石原のススキの群生地すぐ近くの蕎麦屋で、まあお値段は観光地、味は可もなく不可もなく。その後、山のホテルへツツジを見に


やや盛りを過ぎているものの、大いにきれいであったし。しかしやはり、人の出は少し少ないかな。それにしても山のホテルは有名なホテルだけど、ツツジの季節は観光客が多くて落ち着かなそうね

早々に宿に投宿、泊まりは西武の箱根園、龍宮殿別館。部屋からの芦ノ湖の眺めが結構です

で、箱根園と言えば、箱根山戦争の一方の雄、西武が肝いりで開発した箱根の拠点なわけですよ。お隣のプリンスホテルの風呂にも入れますというので入りに行って、まあ大変余裕のある造りで立派ですし


この龍宮殿も、当初は大変な財力を注ぎ込んだのだろうなぁ、というのは見て取れるのであります。しかしなあ、今日の有り様を見るにつけ、西武グループは、軽井沢においてその主導的な地位を星野リゾートに奪われたように、元からのポテンシャルをまったく活かしきれぬまま、少なくともリゾート開発に於いては、箱根でも軽井沢と同じ末路を辿るのでは…そんな気がしたんですよね。とにかく、龍宮殿のサービスの気の回らなさ加減というか、よそに学ぶ気もないのかな、みたいなところが多くて。それでも黙っていても客が来たんでしょうなあ…
個別の話になると従業員さん個々の話にもなるだろうしアレですが、一点

夕食会場の宴会場に玉乃光と〆張鶴の瓶、そして箱根山の菰樽がでーん、と飾られているのに(飾られている絵自体もかなりシュール)、供される日本酒は玉乃光と〆張鶴と菊正宗だけで、箱根山が無いと。なんかこういうところが、感性が…お料理も通り一遍であるし…。ま、こういう旅館もあるのねえ、ってんで勉強になりましたです。
そうそう、駐車場にマツダの車が一杯停まってて、何か同好会の集まりかな、とか思ったのでした

そして芦ノ湖に日は暮れるのでありました

在華坊(@zaikabou)/2015年05月17日 - Twilog