日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

谷町四丁目『れだん』のおまかせ懐石7品コース3,900円

火曜日、5時に出掛けて、横浜からバスで羽田へ。夏休みの羽田空港、朝からおおいに混雑している

伊丹からバスで甲子園に出て、客先。夕方に無事終わり、梅田へ。電話してみたら空いてますよ!ということで(なんとか1席空いてたみたい、前回もそうだったなー)久しぶりに来ました『れだん』

以前に、いいよ!って書いて以来、わりと知り合いの人がいろいろ来てまして、皆さんに評判が良いのでうれしい…
大阪の夜、谷町四丁目『れだん』が素晴らしかった - 日毎に敵と懶惰に戦う
大阪へ、また『れだん』に行ってしまいました - 日毎に敵と懶惰に戦う
木曜日、谷町四丁目『れだん』 - 日毎に敵と懶惰に戦う
さて本日も3品1,900円のコースにするべくはじめたのですが、最初の1品からして、なんかすごいですよ…

サザエ殻入りの海鮮グラタン、昆布締め、イカの炒め物(レモングラスの香り)、そして朝どれのいちぢく。お酒は寧音にしてみましょう

2品目になりますと、サザエ、海老、カツオタタキ、鯖燻製、卵焼き、山芋の細巻き、剣先イカ。イカがとろっとろ、そして燻製素晴らしい…。カツオのタタキとか、サザエとか、いちいち、こんなに旨いもんだったのか、というですね…

そしてお酒は而今。なんかね、もう、酒に合いすぎて美味くて、1品1杯ペースになってきますね…。

このあたりで、お隣の2人の美食行脚の話に聞き耳を立てたり、7品コースだと鱧とまったけの土瓶蒸しを出しますよ、みたいな話を聞くうちに気持ちが大きくなってきまして、7品コースに変更であります。と、出てきた3品目

なんだこれ、もうよくわからない多幸感に溢れていて、説明しにくい(笑)。蟹味噌のムースはこの店の大ヒット、ほんとに旨い、キュウリクラゲ、瓜の…スイカ見立て、鳥肝の漬け焼き…うふふふ、鳥の雉焼き、タコがまた旨いなぁ、そしてトマトが甘い、この滋味深いクリームチーズみたいなのね、またうまくてね、クミンシードがかかっている…芋?、そして鱧の燻製にキュウリ摩り下ろし、トウモロコシの揚げたの、もずく酢…ふわあああ…ここまでの3品が1,900円ってえんですから…

お酒は和香牡丹、いいちこの三和種類だそうで、やさしい酸味が立つちょっと珍しい味、うまい。ぐふふ。こうやって飲んでるお酒が、また、すべて1杯500円なんである

さて、そして4品目、きました、鱧とマツタケの土瓶蒸し

うふふはふへはふ、土瓶蒸しうまい…松茸と鱧の旨味たっぷりのエキスがですね、もう、もう…。お酒さらにいきましょう、日輪田純米の山廃、山廃らしからぬ、きれいな酒なんだけど、味わいがしっかりあって、いいなぁ、すっきり旨い酒

ちょっと次まで間が空いて、すみませんね、って出てきたつなぎが、昆布のタラコ和えにすき焼き風に、いちいち酒のつまみになる無間地獄…いや天国

そして出てきました、5品目。れだん名物、鯖のサンドイッチ

れだんの鯖の燻製の効いたサンドイッチはほんとうにうまいのよ…。絶品なのよ…そしてこの

なんだかよくわからない発酵臭ただよう、いぶりがっことかも入ってるモナカが、また悶絶…なんだこれ。

6品目。どーん、と焼きジャケが載った、鮭茶漬けであります。これまた、うまし。もういっぱいいこうかな!

和歌山の、吉村、20年古酒。これも普通に500円で出てきます、軽めで品のある紹興酒みたいな、なんでしょう、これは。あうあう。最後の7品目はアイス

ほうじ茶のアイスに、牛蒡のアイスだったのであります。さすがに7品コースにビール、日本酒5杯、4時間やりたい放題だったので7千円ほどでしたが、それにしても安くて大満足、今日も素晴らしかったのでした…はあ、また来よう…。
その後、難波に移動し、カプセルホテルに就寝であります
在華坊(@zaikabou)/2015年08月04日 - Twilog