日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

堂島リバービエンナーレ2015『Take Me To The River』

カプセルホテルで目覚めて風呂に入り、朝飯は甲子園駅前のコメダ珈琲

仕事をして、午後から中之島に移動し、夕方、仕事おわり。その後、堂島リバービエンナーレ2015を見に行く

DOJIMA RIVER BIENNALE 2015 | DOJIMA RIVER FORUM


入り口付近の作品をちらっと見ると、んー?となるのだが、ホールをすべて使った池田亮司氏の作品にまず圧倒される。

池田亮司ですよね、な作品なのだが、巨大な空間に走る光と音、まさに作品の中に入り込むような空間で、池田亮司を体感できるのだ。そして、全体、映像作品のクオリティが高い。スーパーフレックスの、今の今まで人がいた気配のするマクドナルドが静かに静かに水没していく映像は魅入ってしまうし、サイモン・フジワラの、演じることを巡る映像、以前に都現美かな?で見ていたので飛ばしたが、これも面白い。
地下のヒト・スタイヤルの作品は作品空間もあって私を自由な空気に放り込んでくれる、寝そべってゆっくり見て欲しいし、メラニー・ギリガンの作品も重層的な映像インスタレーションだがじっくり付き合う価値がある。映像が多いので、時間に余裕を持って行って欲しい。映像以外の作品含めて、一目でパッとした印象ではなく、わりとじっくり付き合わないといけない作品が多かった印象でありました。池田亮司インパクトあるけどね。
以前の堂島リバービエンナーレについては、こんな感じでした
堂島リバービエンナーレ2013『Little Water』 - 日毎に敵と懶惰に戦う
堂島リバービエンナーレ『Ecosophia』など、大阪の1日 - 日毎に敵と懶惰に戦う
梅田からバスに乗り

伊丹空港へ。空港の半額弁当でばんごはん

20時20分の便に乗り、羽田空港京急で帰宅したのでありました
在華坊(@zaikabou)/2015年08月05日 - Twilog