読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

恵美須町『あなぐま亭』の幸せな酒と肴…からの西成散策

木曜日、7時過ぎの新幹線で新大阪に出て、お仕事。本日は早々に東京の戻るはずだったのだけれど、どうもいろいろあって、そうするわけにいかなくなり、泊りとなる。天王寺に宿が確保できたので、さて、では、どこに飲みに行こうか。

噂で聞いていた店に行ってみよう。

f:id:zaikabou:20170121104006j:plain

あなぐま亭の夜あなぐま、である。Twitterつながりで良い噂を聞いたので、やってきたわけだけれど、西成の裏手という場所と店構えに、一瞬身構える感じはある。内装もわりと独特のガレージ風。しかし、入れば雰囲気の良いお店。

店主がお一人でやってらっしゃって、この日はたまたま一人だったのかな。いずれにしても予約はしたほうが良さそうで、この日は入れてラッキーだった。まずは、お約束の赤星

f:id:zaikabou:20170121104007j:plain

突き出しで出てくる、鴨とネギとブロッコリーのオイル漬けから、すでに間違いなさが漂ってくる。料理のメニューも大変迷うのであるけれど

f:id:zaikabou:20170121104022j:plain

店主が一人であり、これから予約も入っているみたいであり、おまかせ5品コース2300円にしておこう。1品目のおつくり、カンパチのブリブリ具合もですが、マナガツオと本マグロの漬けの味わい深さが、また、素晴らしい

f:id:zaikabou:20170121104010j:plain

そしてこのお店、日本酒の品ぞろえが大変に良い。近畿を中心に、味わいがありそうな酒がずらりと並んでいる。

f:id:zaikabou:20170121104008j:plain

お酒はすべて5勺90ml単位で出てきて、値段は、原価率30%強を律儀に守っている感じかな。まず、篠峯の櫛羅を。

f:id:zaikabou:20170121104011j:plain

一杯目に嬉しい、旨味たっぷりの純米生原酒。グラスも全般、素敵。

f:id:zaikabou:20170121104012j:plain

カウンターにある、味のあるガラス酒瓶は何かと思っていたら、お水だったのだな。お茶碗で水もいただきます。

f:id:zaikabou:20170121104016j:plain

お酒は冷温保存と常温保存があり、いずれも好みにより燗をつけてくれる。常温保存のお酒は、カウンターの座った席の横に、どっちゃり並んでいる。

f:id:zaikabou:20170121104017j:plain

2品目の中国湯葉とキクラゲの山椒ソース。ピリリとした旨味、これはいいな

f:id:zaikabou:20170121104013j:plain

そしてお酒は、花巴山廃四段仕込。これがね、酸味甘味果実味のジェットストリームで、とにかく口の中がお祭りみたいになる

f:id:zaikabou:20170121104015j:plain

そして、コース3品目の大根ステーキのネギ味噌ソースの、このソースがなんかすごい、多幸感溢れる味わい

f:id:zaikabou:20170121104014j:plain

これら3つが同時に襲ってきて、脳のキャパシティがいっぱいいっぱいになってくる。すごいなこの店。この店構えで、なんでこんな凄いものが出てくるのか。

4品目は、ウナギ入り大根餅の揚げ出し。そんな料理があるのかという。

f:id:zaikabou:20170121104018j:plain

スープにもネギや山椒の味わいが良くきいていて、脳に直接訴えかける旨味が、いちいちずるい。お酒はオススメにより、萩の露の特別純米を燗で。

f:id:zaikabou:20170121104020j:plain

これまた旨味が凝縮されてる。そして、国産牛アゴと赤こんにゃくのスジこん葱炒め!これまた良い!歯ごたえがあって、ガツンと!

f:id:zaikabou:20170121104019j:plain

最後は蒼空で〆ましょう。どっしりなのにさわやか。伏見の新しい蔵。

f:id:zaikabou:20170121104021j:plain

今日のお酒は奈良奈良滋賀京都と飲んだけど、この1府2県の蔵は本当に面白い。日本酒メニューが実に魅力的な店だな。食べ物も、今日はおまかせにしたけど、アラカルトのメニューも、いちいち、気になる…。季節の『はもパン』というのがあって、本日は『干しイチジクとクルミのはもパン』らしい、なんなのそれ…

f:id:zaikabou:20170121104023j:plain

店内に壁新聞もあったり、いろいろとにかく、楽しそうな店でありました、あなぐま亭。ごちそうさま。また来ます。おまかせ5品、赤星、日本酒90ml4杯で、4720円。大納得

f:id:zaikabou:20170121104024j:plain

お店をでて、ぶらぶら

f:id:zaikabou:20170121104025j:plain

新世界あたりをうろうろ

f:id:zaikabou:20170121104026j:plain

f:id:zaikabou:20170121104027j:plain

新世界から南に抜けると、暗い路地の裏、煌々と灯りが見える

f:id:zaikabou:20170121104028j:plain

なんだろ?としばらく考えて、ああそうか、飛田新地か、あれは。ぶらり、ぶらり、商店街を抜けつつ

f:id:zaikabou:20170121104029j:plain

さすがに、おにいさん、おにいさんと声を掛けられながらおしろいの香りがする街角を通り抜けるときは写真は撮れず。抜け出してきて、商店街の端にある旅館が気になった。泊まりたいな

f:id:zaikabou:20170121104030j:plain

そして、この、飛田新地のあたりから

f:id:zaikabou:20170121104031j:plain

壁を隔てて

f:id:zaikabou:20170121104032j:plain

一段、地形が高くなったところにマンションが立ち並んでおり、このマンション群がそのまま、あべのハルカスへと続いているのだ。なんだか、横浜に似たような感覚を覚える地勢だな。あべのマルシェという商店街は、さながら、俗世界と冥界を繋ぐトンネルのようであった

f:id:zaikabou:20170121104033j:plain

さて、これから明治屋…という気分でも無し

f:id:zaikabou:20170121104034j:plain

天王寺の駅の北側の飲み屋街に紛れ込み、いつもの『種よし』へ。

f:id:zaikabou:20170121104035j:plain

相変わらず、圧倒されるメニュー

f:id:zaikabou:20170121104036j:plain

びっくりするぐらい良い本マグロが出てきた

f:id:zaikabou:20170121104037j:plain

このあたりのお店については、以前の記事もご参照ください

そしてお宿は、この時と同じ葆光荘。天王寺の路地裏、大阪で泊まるなら、まず第一に、空きを確認すべき宿。

f:id:zaikabou:20170121104038j:plain

f:id:zaikabou:20170121104039j:plain

広いお風呂にゆったり浸かり、漫画ルームでちょっと時間を潰し

f:id:zaikabou:20170121104040j:plain

お部屋でお茶飲んでだらっとしていたのでした

f:id:zaikabou:20170121104041j:plain

しあわせな気持ちで、おやすみなさい

在華坊(@zaikabou)/2017年01月19日 - Twilog