読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

横浜岡野、日本酒好きにうれしい立ち飲み『おちょこ』と、『BAR THE GINTONICX』

日記

水曜日、朝は横浜に出社し、昼から都内へ。昼飯は『ポンヌフ』(立ち食い蕎麦のほうではなく、ナポリタンが有名な喫茶店のほうね)に行ってみたら、えらい行列。びっくりして、『おくとね』のほうにしました。

f:id:zaikabou:20170126194748j:plain

打ち合わせ、その後、青物横丁に移動してまた打ち合わせ。お仕事おわり。横浜で降りて、久しぶりに西スポーツセンターで1kmほど泳ぐ。

活動量計をつけて泳ごうとしたら、腕時計は禁止で…と言われ、なんか抗うのも面倒だったので素直にはずしましたが。素材もやわらかいものだし、ちゃんと話せば許可されるのかな。これなんですけどね 

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS 活動量計vivosmartJ HR+ BLUE 【日本正規品】 195564

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS 活動量計vivosmartJ HR+ BLUE 【日本正規品】 195564

 

 GPS内蔵なので、ランニングの記録も正確に取れて便利。最近、これで歩数を計っていると、休日など3万歩くらい歩いていて、逆に不健康なのでは…と心配になってくる。

プールを出て、さて、昨日、流浪ぴーで話を聞いた新しいお店に行ってみようかなと。岡野の交差点のすぐ近くにある、このお店へ

f:id:zaikabou:20170126194759j:plain

『おちょこ』という店。立ち飲みカウンターで、6~10人くらいでいっぱいになる店内。着物の女将が一人で切り盛りしている。まずはビール、エビスの小瓶400円と、煮たまごつきポテサラ400円。ちゃんと工夫のあるポテサラだ。ビールはバスペもあるね

f:id:zaikabou:20170126194749j:plain

で、このお店の売りは日本酒なわけでして、7~8種類のお酒が、すべて90ml300円で飲める。

f:id:zaikabou:20170126194758j:plain

おつまみを見ても、200円~400円で、珍味魚卵を中心に、なかなか興味をそそる品揃え

f:id:zaikabou:20170126194752j:plain

まずは五十嵐という埼玉のお酒を。よい。この日無ろ過生原酒の濃厚系のお酒ばかりだったけれど、特にそういう方針、というわけではなく、日によって変わるみたい。おつまみはワカシの塩麹漬400円。あ、こりゃいいわ。塩とわさびで、大変よろしい。料理もいちいちうまいぞ

f:id:zaikabou:20170126194751j:plain

お酒は信濃大町の北安大国を。追加。どれもこれも90ml300円は変わらない。60ml×3で600円というセットもあるので、あまり量を飲めない人にもうれしい。

隣の人たちは荻の露の特別純米を飲んでいて、なかなか首都圏では買えなくて…なんて話していて、お隣さんで終わってしまったのだが、ふふふ、私は先週、大阪で飲んだから良いのだ 

つづいての肴は、牡蠣のふっくら煮400円。いちいち、酒飲みにうれしいつまみばかり。ちなみに、代金はキャッシュオンデリバリーです。

f:id:zaikabou:20170126194753j:plain

お酒も追加だ、賀儀屋、伊予西条のお酒ね。これは香りは控えめだけれど、非常に味が良い。おつまみ、さっと食べられる簡単なものも用意されておるぞ

f:id:zaikabou:20170126194754j:plain

さらに、さばのへしこがあったので、これも頼んでみる。へしこを気軽に食べられるたちのみ、早々無いぞ。珍味がいろいろあってうれしいな

f:id:zaikabou:20170126194755j:plain

薄切りにした大根にはさまれて出てきて、素敵なつまみになっていた。小皿もいちいち、なかなかセンスが良い。お酒も90ml単位なのでどんどん行ってしまいまして、これで最後にしておきましょう、木戸泉。よい。

f:id:zaikabou:20170126194756j:plain

んで、このお店、売りのひとつがお米で、日替わりで土鍋で炊いて、おにぎりを出してくれるわけですね。小さな俵型のおにぎりが2つで200円。この日のお米は、福岡の実りつくしという、新しい品種だった

f:id:zaikabou:20170126194757j:plain

これは良いお店です。また気軽に来ましょう。肴5品、ビール、日本酒4杯で3400円。これぐらいしっかりやっても良いし、もっと軽くサッとでも良い。使い勝手がよさそうです。お酒とお米『おちょこ』

f:id:zaikabou:20170126194800j:plain

で、これでこのまま、さっと帰れば行儀の良い酒飲みなのだけれど、そういうわけにも行かず。すぐご近所の『BAR THE GINTONICX』へ。屠蘇ジントニックが、意外な美味さ。

f:id:zaikabou:20170126194801j:plain

店主と話をしながら、さらに自家製ジンジャーエールのモスコミュールもいただきまして。この店のモスコミュールはうまいのだ。ちなみにこの店主、先日行った羊の店の場所で、以前に蕎麦と鶏の店をやってた人です。羊も好きな人なので、薦めておいた 

さっきは魚ばかりだったので、羊が食べたくなってしまい、羊のステーキを。うまい

f:id:zaikabou:20170126194802j:plain

さらに、京都のジン『季の実』を。日本のジンは、これまで、焼酎もどきばかりだったのだけれど、これは、そこを脱してちゃんとジンになったと。お茶とか日本らしい香り付けをいろいろしてある

f:id:zaikabou:20170126194803j:plain

ちょっとぐらい泳いだところで、まったく効果はありませんね…という感じで飲み食いしまして

f:id:zaikabou:20170126194804j:plain

お店の目の前のバス停、浅間下から、101系統の22:20の終バスに乗り、桜木町に帰ったのでした

在華坊(@zaikabou)/2017年01月25日 - Twilog

旅行系キュレーションメディアって、なんで引用要件を満たさない『引用』ばかりなの

日記

『WELQ』に端を発したキュレーションメディア問題、総本山のNAVERまとめをどうやって追い込んでいくかという局面になっていますが、一方で、昔から問題のあるキュレーションメディアの筆頭としてあげられるのが旅行系のサイト。自分のブログやInstagramFlickrから勝手に写真を使われて憤慨している人も多い。

一番酷いパクリメディアはどこ?目くそ鼻くそな個人的ランキングベスト(ワースト?)5 - 鈴木です。別館

基本的に最近のバイラルメディアは、写真の出典元を示しているから『引用』である、という見解なのでしょうか、『引用』は出典元を示せばよい、というものではない。『引用』の要件を満たさないといけない。

 第三十二条   公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

著作権法 

この『公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるもの』とは何かという話になりますが、その点については文化庁のサイトに指針が書かれている。

他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。

(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。

(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。

(4)出所の明示がなされていること。(第48条)

著作物が自由に使える場合|文化庁

たとえば、引用した写真を使った記事が多い『キナリノ』というサイトがある。ここの問題点については、いろんな人が指摘しています。

画像無断転載してる「キナリノ」って本当にカカクコム運営?

画像の無断転載は無くならないのか?パクリメディア「キナリノ」に見る盗用する人の考え方 - 鈴木です。別館

具体的に、『キナリノ』の記事をひとつ見てみましょう。

記事の中で、19枚の写真と、1枚のスクリーンショットが使われています。すべての写真について出典元のリンクは貼られているので、(4)の条件は満たしていることのなります。また、写真1枚ごとに出典元が明確になっており、写真が引用であることが明確なので、(2)も満たしていることになります。

では、(3)はどうでしょう?記事全体の構成として、面積からいえば7割ほど(目分量)が引用した写真で占められており、到底『自分の著作物が主体』とは呼べない状態なのではないでしょうか。

また、(1)に関しても大いに疑問がある。たとえば、ある特定のタイミングで発生した事件なりイベントなり現象で、改めて写真を撮影することが不可能な場合、引用する「必然性」はあるでしょう。しかし、この記事に出てくる写真は、自分で現地に行って写真を撮ってくればいくらでも代替が利くものなので、必然性があるとは思えません。お金が無い、時間が無い、などは理由になりません。そもそも、この記事を今急いで公開する「必然性」なんて無いんだから。

この記事に写真を『引用』されているブログなどを、以下に列挙してみます。

 観光列車、おれんじ食堂号に乗りました。:撮り鉄なあなあブログ~風曜日~

 動くレストラン!?~新たな観光列車「おれんじ食堂」~ | スタッフブログ|週刊メールマガジン『気になる!くまもと』

オレンジ食堂の旅 16 by SQUARE@PHOTO (ID:4968754) - 写真共有サイト:PHOTOHITO

メロン味ってメロンの味じゃない:[レストラン列車] おれんじ食堂 ① 出発編 - 鹿児島 ヨンキュウ旅 11

kawako home - 鉄道駅訪問録 肥薩おれんじ鉄道 観光列車「おれんじ食堂」乗車記

[写真] 九州のレストラン列車「おれんじ食堂」 食材も木材も地元産(NEWSポストセブン) - エキサイトニュース

http://samon.mods.jp/orange-bar/ (この記事は消えていました)

神酒造ブログ:おれんじ食堂

おれんじ食堂 - 九州・沖縄、おれんじ食堂列車の写真 - トリップアドバイザー

Ogu To (@togguchi) • Instagram photos and videos

ゆーたんぽんのパパ (@eiroutsukada) • Instagram photos and videos

マサくん (@masaki_limited_express) • Instagram photos and videos

これで、この記事にしかない独自の情報が満載!とかであればまだマシですが、記事内容自体も、写真引用元のブログ記事などから適当に引っ張ってきてリライトした程度の内容。

この記事を書いている人、鹿児島在住で、自分で撮影した写真を中心に使った記事も作成しているんだから、他もそうすればいいのに…

鹿児島在住なら、おれんじ列車なんてすぐに取材に行けるでしょうに。

キナリノは、他の人の記事も、特に旅行系はみんなこんなんばっかりです。台南の記事も32枚の写真が、引用要件の(1)(3)を満たしていると言えなそうな『引用』である

松島の記事も15枚の写真が、引用要件の(1)(3)を満たしていると言えなそうな『引用』である

………

こんなふうに、Web上にろくでもない記事を増やし続けて、どうしようというのでしょうか