日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

汕頭広州香港の旅3日目 汕頭小公園と火鍋と広州への移動

旅の3日目、ホテルで目覚めて7時ごろお出掛け。老街の観光名所と言えばここという、小公園までぶらぶら歩いて行ってみることにする。おはようございます社会主義核心価値観

f:id:zaikabou:20180810075941j:plain

途中、中山公園という、動物園やプールもある大きな公園を通ったのだけれど

f:id:zaikabou:20180810075942j:plain

f:id:zaikabou:20180810075943j:plain

中国の朝の公園は、太極拳をする人、特に何をするわけでもないけれどぶらぶらする人、おしゃべりをする人…が溢れていて楽しい。

f:id:zaikabou:20180810075944j:plain

f:id:zaikabou:20180810075945j:plain

f:id:zaikabou:20180810075946j:plain

ま、自宅の近くの野毛山公園でも、朝からご老人がラジオ体操や散歩やおしゃべりを楽しんでいるので、似たようなものではありますが…。

中山公園を出ると繊維街が。でも、汕頭レースがある、という風ではなく、普通に生地を売ってます、という感じだったな。汕頭レースは今、大産業になるほど作り手もいないのだろうか

f:id:zaikabou:20180810075947j:plain

そこから南下すると、洋風建築がずらりと並んでいる。

f:id:zaikabou:20180810075948j:plain

ならんでいるが、活気がある…という風ではない。どこもここも、大改装中である。基本的に工事している人しかいない。建物の外観そのものは古いままみたいだけれど、中はすっかり綺麗にしてしまうみたい。

f:id:zaikabou:20180810075949j:plain

f:id:zaikabou:20180810075950j:plain

汕頭の街は今年12月の高鉄開通も控えて、街中はどこも通行止めの大工事中、観光名所の建物も改装中なのですね。ホテルに、修復状況の解説マップが置かれていた

f:id:zaikabou:20180810075940j:plain

そして、古い建物をそのまま残す…というより、ライトアップしたりして、綺麗にしてしまうのは中国全土的傾向であるのだな。観光客的には味気ないと思うけど、価値観は人それぞれですので。

f:id:zaikabou:20180810075952j:plain

f:id:zaikabou:20180810075951j:plain

f:id:zaikabou:20180810075954j:plain

f:id:zaikabou:20180810075953j:plain

これはライトアップするためのライトかな…

f:id:zaikabou:20180810075955j:plain

ぶらぶら歩いて、潮劇の劇場や

f:id:zaikabou:20180810075958j:plain

お寺や、立派な医院?を見たりしつつ

f:id:zaikabou:20180810075957j:plain

f:id:zaikabou:20180810080000j:plain

路地も覗いたりしつつ

f:id:zaikabou:20180810075956j:plain

ホテルに戻る途中にあった麺類の店に。特に汕頭名物というわけでもないようだけれど、具を全部入りにしたら、1人20元とわりとお高いことになっていた

f:id:zaikabou:20180810080001j:plain

ぶらぶらお散歩をさらに。不思議な形のマンションが

f:id:zaikabou:20180810080002j:plain

f:id:zaikabou:20180810080003j:plain

街の食堂のお給料はこれくらいか…月収4万~7万くらい?

f:id:zaikabou:20180810075959j:plain

昨日も行った市場にまた入り、龍眼と黄皮を1斤ずつ買ってホテルへ戻り、荷物をまとめてまたお出掛け。昨日行ったお茶の店までは数キロあるのでタクシーかバスか…ということになる。汕頭なら流しのタクシーを捕まえることはまだ可能そうだけれど(上海や広州だとスマホからじゃないとつかまらず、もっと小さい街になると逆に流していない)、ここは路線バスにしてみましょう。

中国国内ではVPN経由でないとgoogle mapsが使えないが、それ以上に、google mapsは、中国国内の情報がプアで「使えない」のである。人民のみなさんが普段お使いじゃない地図なので、そりゃそうですよね。で、何を使うか。

中国で使える人気トップ3の地図アプリ(高徳地図・百度地図・騰訊地図) | 上海生活に役立つ中国語講座 | 上海 中国語家庭教師 語学学校 コラボラーニングセンター

百度地図か、高徳地図を使う。私は高徳地図が好きで、中国にいる間は使い倒している。このアプリ、地図情報が詳しいのはもちろん、路線バスを使うときには絶対手放せないのですね。自分のいる地点から目的地までの経路検索すると、どの路線バスに乗るのが良いか、いくつも候補を示してくれるのですよ。google maps よりも路線バス情報の対応は早かったと思う。

高徳地図のお導きに従って、ホテル前のバス乗り場から現金2元支払ってバスに乗り、バス停からぶらぶら歩いてお店へ。汕頭は町中で道路工事中の真っ最中で、通行止めになっている大通りも多く、バスの運行系統もかなり臨機応変に変わっているようなのだけれど、高徳地図は情報更新がタイムリーなので頼りになる。新しくできる高鉄の汕頭駅の駅前目抜き通りも工事中

f:id:zaikabou:20180810080004j:plain

お店でまたお茶を飲ませてもらい、控えめに…金額は一般的感覚ではそれほど控えめではないが…お茶も購入。さらにお昼も連れて行ってもらえることになり、本当にありがとうございます。汕頭名物、火鍋のお店へ 

f:id:zaikabou:20180810080006j:plain

 火鍋といっても、汕頭の場合、スープが真っ赤なあれではない。牛骨でとった澄んだスープに、新鮮な牛肉をしゃぶしゃぶして食べる。冷凍しない朝絞めたばかりの牛肉、種類も豊富

f:id:zaikabou:20180810080007j:plain

f:id:zaikabou:20180810080009j:plain

何秒しゃぶしゃぶすればよいかは、ご案内いただいた先達さんに導かれるがままに…汕頭の人は食事にキビシイ

f:id:zaikabou:20180810080010j:plain

肉が新鮮で、肉の味がしっかりしていて、これは美味しい…。写真は無いが、肉団子が、牛肉団子が肉の味がしっかりしてとても良い。団子は、牛肉含有率95%以上という決まりがあるそうな。ホルモンも含めていろいろいただいて、そして麺は、汕頭の名物の米の麺。出汁を良く吸っている

f:id:zaikabou:20180810080011j:plain

で、最後に野菜を入れるんですね。先に野菜を入れると味が濁ってしまうから、とにかくまず肉を楽しんで、最後に麺と野菜なのだという。汕頭の人は食べることに妥協が無い

f:id:zaikabou:20180810080012j:plain

この青菜、そして大根(これは最初から入っている)が、出汁を吸って、ほんとうにおいしかったなあ…。白酒も豊富なお店だった

f:id:zaikabou:20180810080008j:plain

国鉄の汕頭駅近くのバスターミナルまで送っていただいてお別れ。ほんとうにお世話になりました。また来るぞ汕頭。高鉄潮汕駅行きのバスは行ったばかりで30分以上まつことになったけれど、のんびりバスターミナルで待つ時間も好き

f:id:zaikabou:20180810080014j:plain

f:id:zaikabou:20180810080013j:plain

バスターミナルで待つ間、列車の時間を考える。

まずもって、潮汕から広州に直接向かう列車は1時間に1~2本なのだが、これが早々に席が埋まっており、2日前の段階で夕方の便しか取れなくなっていた。午前中には汕頭を離れるつもりだったので、ならば、と、1時間に5~6本ある深圳北行きの列車を予約しておいたわけ。深圳から広州は別途確保しようと

ところが予定が変わり、汕頭を午後出ようとなった段階では、すでに潮汕から広州東行きの便は夕方も無い。なので深圳北行きの列車を15時過ぎに変更したのだが、バスの時間から、それも怪しくなってきた

 だからもう1回変更しようとしたら、12306のアプリから出来ない。仕方がないので、少しキャンセル手数料を払ってキャンセルし、バスの進み具合によって列車を予約しようと考える。社会主義核心価値観を見ながら考える

f:id:zaikabou:20180810080015j:plain

14時の20元のバスに乗って高鉄の潮汕駅へ

f:id:zaikabou:20180810080016j:plain

最初は空いていたバスも、街の途中のバス停に順次停まるうちに満員になる。そして問題は潮汕駅からの電車の時間である。

バスは街中を渋滞などで引っかかっており、少し遅い時間がよいか…しかしこの便は2人並びで席が確保できないぞ…と思いつつ、何度か席を確保して支払い前にキャンセル、を繰り返していたら、何度もキャンセルしすぎたからもう今日の便は予約できないよ、という表示が出てきてしまった。えー。どっかに明示されてるのそれ…

とにかくもう窓口で買うしかないので、というか、窓口でも買えなかったらどうしようという不安を抱えつつ駅に到着。窓口でメモ書きとパスポートを出したら無事に切符は買えた。良かった。

また荷物検査と切符とパスポートのチェックを受けて駅に入り、自動販売機で微信支付でお支払いして飲みもの購入。QRコードを読み取るとネット通販みたいな画面が出てきて、商品を選んで支払すると自動販売機から商品が出てくるの、不思議な感覚

f:id:zaikabou:20180810080017j:plain

16時5分の列車に乗り込んで、西へ。高鉄であるけれど、時速は210km/hくらいなので、そんなに出していない。これ、路線によって規格が違って出せる最高速度が違うのか、列車等級によるものなのか

f:id:zaikabou:20180810080018j:plain

そして、汕頭の市場で買った黄皮と龍眼を食べる

f:id:zaikabou:20180810080019j:plain

周りでは電話で大声で話す人、ゲームや動画を音量大で流しなら見る人、走り回る子供、お湯が出るからお茶…中国の鉄道のこういうの好きなんだけど、徐々に「文明」的に変わっていくのだろうな…。「文明」的になろう!と啓蒙するアニメーションが、列車のモニタで度々流れていた。

そして列車の中で、深圳から広州に向かう便を予約しようとしてみたのだけれど、どちらにしても今日の便は、どこの路線に関わらずもう予約できないみたい。深圳北に着いてから考えましょう。

深圳北から広州南(あるいは広州東)へは、香港と北京を結ぶ路線なので、30分少々で到着する高速路線になっている。しかし金曜の夕方であるためか、この路線はぜんぜん切符がとれない。なので、深圳北駅から地下鉄を乗り継いで、深圳f:id:zaikabou:20180810080020j:plain

香港から深圳に入る時の羅湖と同じ場所にある深圳駅から広州東駅へは、1時間少々かかる高鉄があり、こちらは便数も多いので切符も難なく確保できる。しかし深圳駅で、切符売り場はどこ…?と迷ってしまった

通常、切符を買ってから荷物検査とパスポートチェックと切符のチェックを受けて駅構内へ…なのだと思っていたら、深圳駅の場合、チケット売り場の手前に荷物検査があるんですね。わかりにくい。荷物検査を抜けて、なんとか切符を買って

f:id:zaikabou:20180810080021j:plain

自動改札でパスポートと切符を読み取って通り抜けた先の待合室には、菓子パンを売っている売店くらいしか無い。また出てまた荷物検査を受けて…も面倒なので、高鉄とは思えない、なんとなく薄暗い(香港ぽい)待合室でじっと待つ。このあたり、写真があまり無いことからも、なんだか疲れていることが伺えるかと思います。中国の鉄道移動はいろいろ億劫

無事に列車に乗り込み

f:id:zaikabou:20180810084748j:plain

お腹空いたなあ…と思ったら、食堂車があるようだ。偵察に行って貰ったところ、冷凍食品しかないけど、注文すると座席まで運んでくれるみたい。で、これです

f:id:zaikabou:20180810080022j:plain

f:id:zaikabou:20180810080023j:plain

いろいろもぐもぐ食べていたら、隣の若い女の子が、臭いとかなんとか言って別の席に移動してしまった。列車内で無法に飲食して騒ぐ人民鉄路の旅も遠くなりにけり

広州東駅からは地下鉄に乗り一本、今夜のお宿にチェックイン。今日は移動で疲れたので、早々に寝ましょう…

f:id:zaikabou:20180810080024j:plain

おやすみなさい

在華坊(@zaikabou)/2018年07月27日 - Twilog