日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

大地の芸術祭へ行ってきた

長野発6時31分の直江津行きに乗り、直江津へ。ほくほく線の電車に乗り換えて、犀潟経由でまつだい。越後妻有アートトリエンナーレ、別名『大地の芸術祭』へやってきたのであるが、長くなるので詳細は後にしましょう。ただ、今回、自転車を借りてまずは松之山方面、次に川西方面に行ったのであるが、自転車は健康に自信のある方にしかお勧めできません!あと、無理なスケジュールを組むのは止めたほうがいいです!
ほいでもって、今回、一番よかったのは、今年の作品でクリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマンの「最後の教室」。これがもう、気合の入った作品で、車以外で行くのはなかなか辛い…とくに自転車で行くのはとっても辛い…ところにあるのだが、是非是非行かれたし。そして、光の館はやっぱり是非是非泊まりたいなあ、と思ったのであった。

まるまる一日堪能して、十日町17時39分発の飯山線でうつらうつら過ごす間に長野駅。駅前のプロントでプレミアムモルツにタコとモッツァレラのパスタで夕飯を食い、ホテルに戻ったのであった。さーて、明日も早いのでさっさと寝よう…。