日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

フエ観光の日

今日はフリーでフエ観光。結構街から遠いところもあるので、足をどうするか気になるが、まあなんとかなるでしょう
朝飯はホテルの食堂。川の見える綺麗なレストランだった。さすがにちょっと高いホテル。まずはタクシーを広い、昔の王宮へ。フエは世界遺産なのだが、観光地の入場料が高い。ここでは55,000Dだった。

門は立派なのだが、中の建物はベトナム戦争空爆でほとんど壊れてしまっている。現在は復元作業の真っ最中だった。ここの歴史はあまり古くなく、1945年までの王朝が使ってた宮殿である

フエはベトナム人も観光でよくくるところで、アオザイを着た修学旅行かなにかの学生の一段がいた。町をあるいている一般の人は、あんまりアオザイ着てないよね…

ここから、近所にある美術館で王朝の美術品を鑑賞。

螺鈿の細工がされた家具類が美しい。フランス料理の食器もあった。係員のおねーちゃんは、名探偵コナンの漫画本を読みながら楽しげにおしゃべりをしていた。
目の前に止まって昼寝していたタクシーの運転手を起こして、次にティエンムー寺へ。先に書いたとおり、焼身した僧侶の車が飾られているのだが、寺の塔もなかなか美しい

鐘を撞く小僧さん

ベトナムの寺院は日本のものに近くて親しみが持てる。ちょうど僧侶たちが読経しているところだったが、抑揚のある美しい節回しのお経だった。東屋では、僧侶たちの食事の用意がされていた