日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ホーチミンの街

なんだかぐったり疲れていたので、8時ごろに起床して飯。ホテルを出たとたん、日本語で話しかけてくるとんでもなくしつこいバイクタクシーの運転手に追い回される。他の地域ではこんなではなかったのだが、やはりホーチミンは日本人観光客が多いのだなあ。
そのほか、道端に椅子を置いて座っており、日本人と見ると「オニーサン、マッサージ」…いや、そういう性的な方向に怪しいマッサージではなくて、ぼったくりのマッサージらしい。「オネーサン、マッサージ」チラシを必死に渡そうとしてくる。ベトナムアールビバンみたいなものだろうか。
いずれにしても、ホーチミンに限って観光客向けの場所では日本語で話しかけてくる人が沢山おり、これはハノイを含めたほかでは見られない現象。特別なのだろう。首都はハノイなのだが、割合のんびりしていたハノイと違い、ホーチミンはまさに大都会、バンコクみたい。編み笠を被って棒を担いで物売りをしているひとはあまり見ず、道にはバイクが多いけれど乗用車もかなりの数が走っている。
おしゃれな店、綺麗な店も沢山あり、外国人に限らず、ベトナム人もお金を持っていそうな人が高そうな店で食事をしている。ケンタッキーもロッテリアもあるし、フォーのファーストフード店があり、地方の屋台で食べるのの5〜10倍はしそうな値段の店がベトナム人で溢れている。

街はまさに建築ラッシュの真っ最中で、外資系ホテル、外資系の金融機関をはじめとして、高層ビルがどんどん建っている。稲作に半数以上の国民が従事しているベトナムの中では、ある意味、ベトナムらしくないところがホーチミンなのだろう