日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

初詣日記

8時起床。もうおせちもいいでしょう、ということで、餅だけ食って、毎年恒例で親と初詣に出かける。千代田線に乗り継いで根津、根津神社まで。実はわたくし、恥ずかしながら根津権現は初訪問なのであるけれど、境内が広くて落ち着いていて大変良い神社でありますね。正月三が日にも関わらず、人でもさほど多くなく、よい雰囲気だった。
お稲荷さんにも詣でる。貼られたお札は、立川一門ばかり。談志はすぐ近所に住んでるし、よく来るらしいしね。

ちょっとあるいて近所の蕎麦屋で昼飯。花巻。実に愚直な花巻で、本当に海苔しか入っていなかったが、有明産新海苔と銘打っただけあって香りが良くて旨い。坂道登って上野桜木、寛永寺に詣でる。根本中堂はお正月の特別公開中なのだが、国立博物館のチケットの半券を持っている人だけ入れる、とのこと。私はパスポートを持っているので中へ。重文の仏像などありました。

上野の山を、建物を解説しながら徘徊し、奏楽堂まで来てみれば、ちょうど音大生による室内楽のコンサートが始まるところ。これ幸いと300円の入場料を払って入り、ほぼ満員のホールで聴いたのだけれど、昨日、東京国立博物館で楽しんだ太鼓の音がここまで響いてくるため(昨日になってはじめて認識したらしい)、みなで太鼓に戦々恐々としながら妙な一体感に包まれたコンサートとなる。指揮の方(音大の先生)が中々洒脱で楽しかった。
長くなるので中座し、東照宮にもお参り。ついつい絵馬を眺めてしまうのだが、海外の人のが多い。日本語で書かれた中で秀逸だったのが、『タリーズのバイトに受かりたい』ちっちゃいなー。『セーラームーンありがとう』意味がわからない。その後、広小路方面に下る。アメ横をぶらぶらして、上野広小路駅から帰宅。駅前の焼き鳥屋で一杯やって家路に着く。