日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

北へ

5時半起床。正月休みがまだ暫くあるので、今日からちょっと、東北方面に遊びに行こうと思う。なにしろこの時期、海産物は美味いし、温泉にも入りたい。とりあえず酒田と松島に宿だけ確保したので、さて、出かけよう。
東京駅に向かう電車のなかでもまだ思案した挙句、本日の工程がぼんやりと決まり、あつみ温泉に寄ってから酒田に行きましょうか、ということにする。東京駅で切符と朝飯を購入、7時48分の『Maxとき』で新潟へ。ここまでは出張気分が抜けぬ、ここからが旅となる。10時15分の『きらきらうえつ』に乗り換え。酒田まで行くジョイフルトレイン
観光用の列車なので、売店には駅弁のほかに地酒も用意されていたり、沿線の割引チケットが用意されていたり、いろいろと親切。車掌さんは女性で、沿線の名物をいろいろと解説してくれるのだが、どうにも声が、その、耳障りが宜しくなくて、息も絶え絶えに震える声でおそるおそる、という風情であり、大変下品な言い方になって相済まぬことではあるけれど、例えるならばねえちゃん変なモノ突っ込まれてんのか、という、あいややや、失礼、下品であった。
それはひとまず置いておいて、特製の駅弁も美味そうだったので、昼飯はこれにしようと購入。ついでに日本酒、菊勇の純米熟成酒秘伝を。

沿線の名物を詰め込んだ幕の内はおかずの味付けも大変結構で、これを肴に日本酒をやると、大変幸せな気分になってくる。筋子も良いのが入ってるなあ。窓の外には日本海の、それは冬特有の荒れた顔ではなく穏やかではあるのだけれど、そんな日本海が広がり、至福至福。

飲むうちに、温泉に入る気持ちがなんだか失せてしまったので、あつみ温泉では降りずに、そのまま酒田へ向かうことにする。終点に近づくまで車掌さんの声を注意深く聞いた結果、どうやら変なモノ(ry ではなくて、かなりキツイ方言をむりくり標準語に修正しているせいではないか、と思うに至る。別に修正しなくていいのにネ。12時51分、酒田着。