日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

今日の日記

9時起床。さすがにお疲れ。家でのんべんだらりん。昼過ぎ、わりと遅くなってから出かけて、恵比寿の東京都写真美術館へ。『光と影』『球体写真二元論 細江英公の世界』『地球の旅人』。
『光と影』は、やはり森山大道いいなあ、という。『細江英公』は、薔薇刑のお耽美はあまり好みではないのだけれど、土方巽のは素晴らしい。大野一雄埴谷雄高の家を訪ねる、という、さりげない一枚に一番萌える。埴谷雄高宅の玄関前に立つ大野一雄の後姿。素人はすっこんでろ、という感じである。これから何か、とんでもないことが起きそうである。
『地球の旅人』は動物、山岳、自然の写真展なのであるけれど、その細密さ、プリントの美しさに唸る。こういうのは、写真家の技術はもちろんだけれど、テクノロジーの進歩に負うところも大なのだろうなあ。
歩いて中目黒まで。地元に戻り、綱島温泉の東京園へ。馬鹿な混雑で、老若取り混ぜて。何語でしゃべっているかわからないアフリカ系の人が談笑していたり、子供が大勢で走り回っていたり、幼児が転んで後頭部を打って火のついたように泣いていたり、大騒ぎだった。