日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ギャラリーを巡って

清澄白河駅前を通り過ぎて、ギャラリーが集まっている倉庫まで。実はここにくるのは初めてだったのだけれど、こんなに綺麗なギャラリーになっているとは!小山登美夫ギャラリーで、加藤美佳とか、中国の作家の作品とか。ミッフィーの絵本を読むミッフィー、という画がかわいいけれどよくわからない。
清澄白河駅前でラーメン、大手町で乗り換えて根津、SCAI THE BATHHOUSEへ。イェッペ・ハイン個展。イェッペ・ハインという人の作品は、暴力的、物理的に観客に関係性を持とうとする作品なのですね。今回展示されていたのは、穴の中からもう一方の穴の中へ、水が延々と飛び続ける、という作品だったのだけれど、作品集を眺めていたらわくわくするようなばかばかしい作品が満載だった。
http://www.jeppehein.net/
実物を見てみたい。

谷中名物、愛玉子で一休み。小雨の中を鶯谷まで散策。京浜東北線で有楽町まで出て、ギャラリー小柳で杉本博司伊東屋で手帳やらノートやら物色していろいろと買い込んだ後、INAXギャラリー大地の芸術祭での古民家再生に関する模型などの展示。まつだいの農舞台に展示してあったのの縮小版かな。
ここのギャラリー、しばらく改装に入るらしく、内壁の一部がくり貫かれて、くり貫かれたままの状態で、どすーんと床に放置されていた。何か、リビルド的なメタ言及なのだろうか。もう一つのスペースでは世界のあやとり展をやっていて、会場中であやとりに夢中になる大人多数。

SPAZIO BRERA』では何かやっているのかしらん、に行ってみる。10階のGalleriaで石原真理さんという人の染織展。手描き友禅ってのも面白いもんですね。ところで、ここの『SPAZIO BRERA』って、建物含め物凄くスノッブなのに、ギャラリーでやっている展示って判り易いのが多いね。
有楽町から日比谷線で六本木。六本木コンプレックスの、ヴァイスフェルトで小川信治、1Fのmagicalなど。AXISに行ったらもう閉店時間で、ゴトウフローリストのたっかい花を眺めて、青山ブックセンターで暫し立ち読み、お買い物。
中目黒に出て、親が昔の知り合いと新年会をしていたので合流し、スナックにはしごして終電まで飲む。長い付き合いができる友達ってのはいいもんだろうね。