日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ノマディック美術館『ashes and snow』

6時起床。10時半頃に家を出る。電車乗り継いで千駄ヶ谷東京体育館まで。世界フィギュアスケート選手権を見るため…では勿論無く、プールで泳ぐ。1時間ジャストで2.5km、今日は体調が良い。
天気が良くなったのでお台場へ行こう。大江戸線で汐留へ、ゆりかもめに乗り換えてお台場海浜公園まで。坂茂の期間限定美術館、ノマディック美術館である。中で開催されているのは、グレゴリー・コルベールの写真展、『ashes and snow
http://www.ashesandsnow.org/
東京テレポートの駅前に、どーん。コンテナを積み上げた、リサイクル可能な美術館。




森美術館で買った半額以下の入場券で入場する。内部は落とし気味の証明、高い高い天井、まるで神殿のような空間で、通路の両側に、グレゴリー・コルベールによる、動物と人間の奇跡の邂逅、的な写真がどどーんと並ぶ。そして、通路の奥では、静かな音楽とともに映像が流される。中央部ではさらに大きな大スクリーンに幻影的な、動物と人間の映像が流され、音楽とともに、渡辺謙が読み上げる幻想的な詩…。
いやさ、荘厳である。たいしたもんである。よーやった。たしたもんだけどねえ。なんか、ノレなかった。まったくもって。あざとい。とてもあざとい。これは私の問題なのだろうが、人種差別的な臭いまで嗅ぎ取ってしまった。象と現地の子供と本、という組み合わせの意図がわからん。あるいは猿と現地の女性と本。雰囲気はそれはそれはよくできているし、クオリティは死ぬほど高いのだが、全体、金の匂いばかりがする。
一見の価値はあると思うけれど、感動するか、なにか言いようのない不快感に襲われるかは、ま、行ってみた人次第だと思う。行ってみて損はないかもしれない。1900円は映画より高いけれど。
おみやげコーナーには

カタログなど、素敵なクオリティの品々が素敵な値段で売られていた。売り場にいた白人のおっさんが、いい味出してた。こういうニュアンスを理解してくれる人がどれくらいいるかわからないが、アメリカの歴史ドラマなんかで、開拓地を廻って保険を売り捌くみたいな商人、出てくるでしょう。ああいう感じ。
お客で来たいたカップルが、二人揃って美形で、通り一遍でないその二人の親和性が取れたファッションセンスも素晴らしくて、目を奪われた。以上。
リゾートトラストが作っている『東京ベイコート倶楽部』も、そろそろ建物は完成間近のようだ。

http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20050520#1116543673