日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

河岸段丘を眺めて

十日町駅駅前、銀行でお金を下ろし、津南方面行きの路線バスに乗る。バスではなく、飯山線で移動したいところだけれど、何しろ本数が少なすぎてまともに使えないので、路線バスなのであります。ミオンなかさとの『鳥たちの家』が車窓に見えたりしつつ、津南の町役場で下車。マウンテンパーク津南に向かいます。
信濃川によって形成された河岸段丘を眺められるのが売りなんですけれども

とりあえず作品鑑賞。こんなんもありますが、


やっぱりここは蔡國強の『ドラゴン現代美術館』か。

ほどよく草生した、登り窯スタイルの(実際に登り窯としても使う)美術館。この日は何もイベントはしていなかったけれど

合宿中の高校生?大学生?を横目に、坂道を歩いて下る。暑い。とても暑い。コスモスが咲いている

下る途中の集落、『かささぎの家』がある集落には案内図があって、すべての家の『屋号』が書かれていた。地方の集落に行くと、周囲の人の苗字がみんな同じだったりするので、屋号で区別するのですね
 
坂道を下りきったところ、小さな集落のなかにぽつんとある小さな駅が、飯山線の『越後田中』駅。

小さな駅舎の中で待っていても暑くて死にそうなので、反対方向の列車にとりあえず乗車。列車の行き違いをする、日本最高積雪の駅で有名な森宮野原まで出て、十日町に戻る。駅前の蕎麦屋で、天ざると生ビールで遅い昼飯。