日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

横浜開港記念 みなと祭 花火大会

8時起床。朝飯食べて、一旦野毛の家に戻り、お出かけ。昼飯。今日は花火を見に行くんだけれど、なにしろ元々動員数の多い花火大会であるし、打ち上げ場所正面の山下公園ではのんびり見るわけにもいくまい…というわけで、臨港パークへ。3時前に入ったら、さすがに余裕だった。

周囲、なんだ妙に、とても高そうなカメラを抱えている人が多く、また、テレビカメラも出ている

テレビカメラはTVKのかしらん?カメラの人の特等席なのかしらん?などといろいろ考えていたら、4時半くらいから、隣の空き地でやっていたRedBullのイベント狙いであったことが判明する。
みなとみらい海上で曲芸飛行パフォーマンス-花火大会前に披露 - ヨコハマ経済新聞
それにしても、RedBullは、F1にお金を出したり、曲芸飛行にお金を出したり、不思議な宣伝カーを走らせたり、金持ってるなー。あのエナジードリンク、そんなに売れているんでしょうか。小売で稼ぐ日銭とは、別のビジネスモデルがあるんだろうか…。いずれにしても、あたくしの非力なカメラでは厳しいでござる


イベントが終わると、さっきのテレビカメラは引き上げ、隣に座ってた特大カメラを抱えたおにーさんも引き上げていった。航空マニアの人でしょうか。ほいで、5時半くらいになると、いよいよ人も多くなってまいります

それでも臨港パークのはじっこまでいっぱいになるのは、せいぜい打ち上げの1時間くらい前だけれどね。ほいで、7時半から打ち上げ。若干遠いけれど、さえぎるものが何も無く、大変よく見える。

…なんだけれど、もろに真正面アゲンスト!な風が吹き始めて、花火の煙でなんだかよくわからなくなっていきます…もやの中に…。まあしかし、場所としてはなかなか良いな、と思いました。そんなわけで、なるべく混雑を避けつつ、歩いて帰宅したのでした。