日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

今日の中途半端日記

6時起床。朝飯は、味噌汁、ごはんに、納豆と生卵とちりめんじゃこを混ぜたものをかけて。以前日田で買った、卵かけごはん用の醤油を使ったらおいしゅうございました。
http://www.soysauce.co.jp/products/TG.html
夕べ洗濯した洗濯物を干して出社し、仕事。年休取っているんだけれど、午前中は仕事していた。午後からは信濃町の病院に行き、先日の件の“念のため”の精密検査。まあ、なんもないとは思いますが。
秋葉原に出て、アキバトリム?だかなんだかで遅い昼飯を取った後、とらのあなティアズマガジンを購入。こんな、平日の4時前になんでこんなに人がいるのか…と不思議に思ったけれど、学生はまだ夏休みなわけだし、別に何の不思議も無いのだな…。
ついでなので、K-BOOKSとかメロンブックスとかコトブキヤとかいろいろ冷やかして、駅前で配っている大紀元を貰い、電車で東京へ。丸ビルで、現代中国のドローイングの展示。大きい作品が多いね。
その後、カオスな雰囲気の新丸ビルの7階でお茶して、東京駅から有楽町、三越あたりをぶらぶらし、再び東京駅まで歩いて戻ってきた後、電車にのって帰宅した。
帰宅したら、彷書月刊のバックナンバーが届いていた。青木正美が『古書店畸人伝』という連載を持っており、そこで、いろいろとお世話になった古書店主を取り上げていたことを知ったからなのだけれど…。読んでみてちょっと驚いた。例の村上春樹の原稿流出の件について、かなり掘り下げて、当時の様子を書いているではないですか。原稿が市場に流れたのが2002年夏。この件をほぼ最初に公の場で問題にしたのが『en-taxi』誌上での坪内祐三、そしてこの連載が2003年末。村上春樹本人が問題提起したのが2006年3月。うーむ。村上春樹以外の流出原稿についても結構書いてあるし
http://blog.livedoor.jp/alkali/archives/50374167.html