日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

マリンタワーに歩いて登る

6時に起きて、昨日の日記を書いてネットを巡回していたら、ヨコハマ経済新聞にこんな記事が
横浜マリンタワーの「階段イベント」が復活-展望台まで335段 - ヨコハマ経済新聞
マリンタワーに階段を歩いて登れるらしい。リニューアルして、君どうなってもうたんや…という色に塗り替えられてから、まだ行っていなかった。折角だから、こういう機会に行くべきだろう。朝飯食べて、自転車に乗って10分あまり

今は機能していないけれど、改装前は、世界一大きな灯台としてギネスブックにも載っていたようだ。横浜の初めてネタと一番ネタは、どうも眉唾が多いのだけれど、マリンタワーは一応本当らしい。

そして階段イベント。開場を待ち切れない人々が行列を作って熱気に溢れ…という感じではないが、まあちらほら。見るからにタワーマニアだろう、という人が一人、物好きそうな大きなお友達が数人、あとは子供連れや家族連れがちらほら。私も前者のほうに見えたことでしょう。でしょうったら
750円、もちろん、エレベータで上がっても階段で上がっても750円のチケットを購入し

タワーの下部にある建物の屋上までも、もちろん階段で。これをエレベータで登ったら、なんかシュールだよね。さあ、タワーの真下に来ましたよ!


あ、この写真で、今にも階段を登ろう、としている眼鏡のお兄さん。十中八九、タワーマニアで、専門のwebページを持っていると思う。別に話はしてないけれど、そう確信する。これのオーナーじゃないかと
TOWER FANTASIA
ひそかに睨んでいたんだけれど、まったく確証はない…。自分もチケットをもぎってもらって、さあ、のぼろう



こういうタワーは、自分の足で登るごとに、どんどん視点が高くなって、視界が広がっていくのが醍醐味だよね




階段の横を、エレベータが通り過ぎてゆく

鉄骨の向こうに見える景色も、良い


結構あっさり、335段の階段を上りきって

ゴール!階段を登った人だけにおみやげが

エビアンの水と、マリンタワーデザインの定規。定規は売店で420円で売っていたものだけれど、色は売店では売っていないシルバーバージョンだった。お土産専用なのかな?
さてはてマリンタワーの展望台。ガラス越しになってしまうけれど、天気も良くて景色は最高。昔にくらべて、ここから見えるランドマークは格段に増えたよね…



先日オープンした、アメリカ山公園も見える

横浜地方気象台とアメリカ山公園 - 日毎に敵と懶惰に戦う
でも、自分はこっちの風景が一番好きだなあ…。高速道路とキリンの群れ、そして本牧方面


床がガラス張りになっている箇所があって、これはなかなか…

タワーの展望台では、ずっと、クレイジーケンバンドの音楽が流れていた。ヨコハマはもう、どこに行ってもケンさんだらけですな!
下りはエレベーターであっとゆーまに。この階段イベント、11月ごろまで、週末に行う予定みたい。マリンタワーにまだ行ってない人は、この機会にどーぞ
YOKOHAMA MARINE TOWER | 横浜マリンタワー
今日、一番ぐっと来た写真は、階段の途中からのこの一枚。これぐらいの高度からが、ちょうど素敵…