日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ユニクロのセール、これはひどい…

5時20分起床。うむ、もうちょっと早く起きるつもりだったのだけれど…。出掛ける支度をして、夜の明け始めた街を自転車で3分くらい、伊勢佐木町ユニクロまでやってまいりました。ファーストリテイリングの60周年記念セールってやつね。6時開店で、20分前くらいに着くので、ちょっとは並んでいるのかなーと思っていたけれど。ちょっとどころじゃありませんでした…

ちょw、なにこれ!黒山のひとだかり。列は延々と伊勢佐木町の入り口のほうまで伸びて、この時点で明らかに500人以上は並んでいる…。旧松坂屋の前まで到達している。

これは、あんぱんはもちろん、ヒートテックも無理だな、と思いつつもいちおう並んでみた。あとからあとから行列は伸びて、1000人以上並んだんじゃないかなあ…。6時を過ぎて、列はゆるゆる進み始めたけれど、なかなか進まず

おとなしく並んで待っていると、後ろのほうからどやどや、わらわらと人が。何事?と思っていると、ヒートテックの整理券は終了しました、店内に入る方は、並ばずに入場できまーす、と言っている。というわけで、列をあきらめて店内へ。入ってみたは良いものの、じゃあ何か買うのか、と言われれば、別に…(笑)。これから出掛けるところで、荷物になるし。まあ、お祭りを楽しんだので良しとして店から出ようとすると、店内混雑のため入場制限をはじめていた。あのまま並んできた人も後ろのほうはセールの整理券など手に入るはずもなく、なんというか、ちょっと入場の整理に失敗した感が…

店をでてちょっと眺めていたら、『店長を出せ!』『どういうことなんだよ、説明しろよう』『謝れよ!』みたいな怒号がときどき漏れ聞こえてきて、店の入り口で何事か押し問答をしている。うわあ…。いい年したおっさんですよ…。いろいろとなんだかなあ、と思いつつ、私はそのまま、自転車で旅に出るのです

(追記)
騒いでた人はごくごく一部で、大半の人は静かにならんでいたことは、念の為追記しておきます。ヒートテック狙いの人が大半だったみたい。
行列の後ろのほうに並んでいるおばちゃんが、携帯電話でヒートテックの整理券の譲り合いをしていたのはちょっと面白かった。それは整理券を手に入れてからのほうが良いのではと…(到底手に入らないような位置に並んでいたし。200人限定ってのも知らない人が多かったのかな)
あと、このタイトル、ユニクロを責めてるように見えちゃうかもしれませんが。自分としては、押し問答していたおっさん、なんだか列整理がグダグダになっていたユニクロ、こんな時間から1000人も並んでいること、ついでに自分も買い物に行ったのに、外野みたいな振りしてネタになるぞう、ってんで喜んで写真撮ってる野次馬(ようするに自分のことですw)含めて、なんかひどい状況だなあ、くらいで書いたつもりでした。