日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

なんでママチャリに毛の生えたので満足しているのかって話で

自転車で100kmとか150kmとか走るんなら、当然、ロードバイクとか、少なくともクロスバイクに興味を持って当然だろうとも思うわけで、実際問題、金が…とかなんとかの理由は、どうとでもしようと思えば、なんとでもなるレベルの問題ではある。
以前に書いたような
自転車とカメラとGPSが怖い - 日毎に敵と懶惰に戦う
どう考えても事故りそうだから、事故ったら酷いことになりそうだから、というのも、現状自転車で国道の脇を走っているわけで、事故になったら重大事になる点では変わらないわけで、苦しい屁理屈とも思える。ま、この日記書いた後、ロードバイクやデジ一やGarminではないけれど、結局、自転車もデジカメもGPSロガーも(ついでにiPhoneも)購入しているんだけれどね。
なんでロードバイクに拘る気がないのかって理由をつらつら考えてみるに、やはり自分の自転車原体験に起因するのではないかと。それは別に幼き日の自転車の記憶と言うことではなく、多分、これだ。
越後妻有アートトリエンナーレ2006 - 日毎に敵と懶惰に戦う
大地の芸術祭 2回目 - 日毎に敵と懶惰に戦う
しまなみ海道を自転車で - 日毎に敵と懶惰に戦う
四万十川をさかのぼり - 日毎に敵と懶惰に戦う
大地の祭り−また、自転車に乗って - 日毎に敵と懶惰に戦う
旅先でママチャリを借りて長距離走ることが板についてしまって、今更、遠距離だからロードバイクとかクロスバイクとかの発想にならないのではないか。
やはり自分の場合、自転車でどこまでも遠くへ!ひたすら遠くへ!というよりも、便利で健康で安価な移動手段として自転車が好きだ、自転車でぶらりぶらり、風景を眺めながら移動する距離感や感覚が好きだ…ということなのだろう。
だからこの先、日本海まで駆け抜ける!とか、お遍路、とか、輪行して海外を…みたいなことをしたくなればロードバイクに手を出すこともあるかもしれないけれど、現状ではこの自転車
http://www.cb-asahi.co.jp/image/09bike/cba/office.html
これで満足することになると思う