日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

久しぶりに都内のギャラリーなど巡って

9時起床…おお、なんか、ものすごくゆっくり寝てしまった。こないだの旅行以来、睡眠時間がすごく必要な人間になっているような気がする。朝飯におでんを食べて、旅行記の続きなど書いて、昼前に出発。横浜まで自転車で出て京浜急行に乗る。国領のトンネルウォークの話題がついったーのTLを賑わせているけど、なんか混んでるみたいだからなー、ちょっとパス。大門で乗り換えて清澄白河へ。酒屋で獺祭の温め酒を買ってから、久しぶりに倉庫のギャラリー群を覗いた。ShugoArts金氏徹平が、作品数と言い、気合い入ってましたね。1月16日にスタートしてるんだけど、芳名帳は、10人弱書き込まれただけでその後が何にも無くて。泉太郎を筆頭に見たことのある名前しかないので、そのあとには書く勇気が無い…
清洲橋を渡る。今日はぽかぽかして暖かい。こういう気候は久しぶりだ。来週は暖かくなるみたいだし、だんだん春になってくるなあ

ここからも、スカイツリーはよく見えるのですね

東京シティエアターミナルへ。相変わらず閑散としている。ここが賑わっていたころを知らないのだけれど、そんな時代もあったのかしら。水天宮前から半蔵門線に乗って表参道へ。ちょっと道に迷いながら、Rat Hole Gallery へ行く

RAT HOLE GALLERY
やなぎみわ展『Lullaby』、老女と少女がもつれ合うかと思えば膝に抱かせて子守唄を歌い、やがて閉じられた空間が破壊されても、お互いの立場を入れ替えながら延々と続く映像作品。母性とか女性性について考えていくとぞっとするような作品で、あたしゃ、見ながら胸がどきどきしてしまいました。それから、新潟館ネスパスをちょっと覗いて、表参道ヒルズ前を通り、太田記念美術館へ。
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/H220102-Otacollection.html
浮世絵と言えば太田記念美術館ですが、実は来るのは初めて。30周年の記念展は会期終了間近で混雑しており、普段は靴は脱がないといけないのでしょうか、今日は履いたままお入りください、ということになっていた。いやほんと、名品中の名品ぞろいという釣り書きに違わぬ非常に濃い内容で、満足いたしました。24日まで
原宿の裏道を歩き、ボークスのドールのお店とか、ジャニーズショップとか横目で見ながら明治神宮前駅。千代田線で乃木坂。ちょっと歩いて、こないだ松山で買って美味しかった山田屋まんじゅうの東京店へ。いやまあ、デパートでも買えるのですが、ちょっと行ってみたかったので

お探しの店舗のページはありませんでした

本当に住宅街の真ん中のようなところにぽつんとある店舗。中に入ると商品の見本が陳列してある6畳ほどの空間、売っているのは95円のまんじゅう一種類とおしるこだけ。奥からおばさんが出てきて、一個から箱入りまで、頼んだ分だけ奥から出してくれる。なんとも長閑な店で、ここだけでやっていても到底採算は取れないだろうけれど、営業所というくらいだからこの店で沢山売るつもりもないのだろうか。
ぶらりぶらりと六本木方面へ。ヒルズのまねきねこダックカフェが異常に混んでいて不思議、何故?麻布十番のほうまでぶらぶら歩いて、麻布十番の裏道のほうまで。駅から南北線、乗り換えて有楽町に出て、 高橋コレクション日比谷、荒木経惟 + 舟越桂 「至上ノ愛像」。それから銀座に出て、宮島達男展
bld-gallery.jp
大学入学当初からあのLEDに至るまでの作品の軌跡が大変興味深かった。そんなこんなで、東京駅まで歩く。

最近、自転車が多かったので、沢山歩いたのは久しぶりな気がする…。東海道線で横浜に出て、自転車で馬車道の寄って帰宅、晩飯。