日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

サイクルベースあさひ『オフィスプレス』半年弱の感想

昨年の12月に購入した自転車、概ね半年が過ぎ、走行距離も1,500kmに迫ってきた。ということで、これまでの感想を書く。以前に書いたものに基本的な感想は入っているので、最初にお読みください。

自転車購入1ヶ月の感想 - 日毎に敵と懶惰に戦う

基本機能についてはこの方の説明がわかりやすいので、あわせてどうぞ

エコ(セコ)ライフを愉しむ:エコ(セコ)ライフ的理想の自転車を見つける


・前回、ギアの異音などについて触れたが、その後、サイクルベースあさひ港南台店に行って整備してもらい、ギアが綺麗に決まるようになった。


・乗り初めてからしばらくはワイヤーが伸びるのは、ある意味当然ではある。メンテナンスフリー(メンテナンス不要って意味じゃなく、メンテナンス放置的な意味)のママチャリではなく、曲がりなりにもそれなりな自転車なので、しばらく乗ったらこういうメンテナンスはやはり必須だろう。


サイクルベースあさひ港南台店は、整備の腕がちゃんとしているようだった。以後、利用したい。無料で点検してくれる『サイクルメイト』は、どこの店舗でも適用になります。定期的に見てもらうことをオススメします。


・行ったついでに、後方のライトを購入した。夜になると自動で点滅するタイプ。暗くなってからもある程度乗るつもりであれば、必須だと思う。オフィスプレスはカゴ・泥除け・スタンド・ライトなど概ねの装備が揃っているので、あと追加するとすれば後方のライトですね。


・冬〜春先にかけては、多忙もあってあまり出かけなかったが、50km〜100km程度のサイクリングは数回。確かに走りやすい自転車ではあると思うけれど、重量は16km以上。10km前後の自転車に乗ったことが無いので、そういう自転車でどのように世界がかわるのか、想像が出来ません。
ちょwwwおまwww - Blue-Periodさんの日記


・自転車のギア比は、少し計算してみた
新しく買った自転車のギア比を計算してみる - 日毎に敵と懶惰に戦う
いろいろ試行錯誤した結果、平地の舗装路ではギアは前2後6か、前3後5。時速25〜28kmくらいで巡航するのが一番疲れないかなー、という感じ。一時期、『くるくるまわす』を意識しすぎてケイデンス90近くで漕いでいたけど、却って疲れた。80くらいがいいみたい。この回転数だと、前2後6で25km/h、前3後5で28km/h になります。


・勿論人の脚力しだいなので、一概には言えないけれど。正直、ブレーキ性能とかも考えると、公道で30km以上出すのに向いている自転車とは思えません。


ゴールデンウィーク前半に、横浜〜小田原〜箱根〜沼津〜修善寺〜亀石峠〜熱海〜真鶴〜横浜で2泊3日の自転車旅行を実施。
箱根を越えて沼津まで - 日毎に敵と懶惰に戦う
沼津から修善寺、亀石峠を越えて熱海へ - 日毎に敵と懶惰に戦う
熱海から真鶴、そして横浜 - 日毎に敵と懶惰に戦う
走行距離は全部で260km。これまた人にもよるだろうけれど、とにかく乗って漕ぐこと自体が面白い、という種類の自転車では無いので。適度の寄り道観光しながら、1日で最大100km走行する、というような目的に向いた自転車と言えるでしょう。


・自転車で泊りがけの旅行ははじめてだったけれど、出発点にその日のうちに戻らなくても良い旅は何倍も楽しかった。次は輪行したくなる。この自転車は輪行は無理なので、次には輪行できる自転車が欲しくなる。ただし、この自転車は買い物・通勤向きとして非常に優れた自転車なので、新しい自転車を追加購入した後でも十分活用できます。


・箱根から下る途中、1回、勢い余って路肩の草地に突入して転がり、チェーンが外れた。伊豆の亀石峠から下る途中、カーブを曲がりきれずに側溝に突入。後輪のリムが歪み、さらにパンク。あとの痛みから察するに、肋骨にヒビが入ったと推測される。現在は完治。下りではスピードを出しすぎないようにしましょう、カーブを下りながらブレーキをかけると制御が不安定になるので、ブレーキはカーブに掛かる前に十分かけましょう、以上の教訓は特にありません。下りでのハンドル制御の不安定さは、多分、私の技術の問題でしょう。自転車の性能の問題ではありませんです。


・後輪のゆがみは捻って治るようなものではなかったので、宇佐美の自転車店でパンクだけなおしてもらった。

後輪はブレーキシューがリムを擦ってしまっていたので、ブレーキは外して横浜まで安全走行してきた。それにしても、サイクルベースあさひのパンク防止剤、どういう状況で役に立つんだろう…。今回について言えば、タイヤの交換時に液体がダラダラ漏れてきて手が汚れただけなんだけれど…。


港南台サイクルベースあさひに5月1日の帰宅途中に預けて修理。部品の到着を待って5月6日に修理完了。後輪のリムと、タイヤを交換してもらい、概ね9000円。修理後はブレーキやギアの調整もきちんとされていたので、修理内容、修理期間、価格などについては概ね満足です。港南台店はおすすめ。


・だらだらと書いてきましたが、結論としては。買い物・通勤に便利で、自転車でそこそこ遠くに行く楽しさを知るためには優れた自転車。やがてもっといい自転車が欲しくなるだろうけれど、買い物・通勤・街乗り用としてはその後も重宝するでしょう、オススメです、という結論になります。