日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

おおみそか

おおみそか。朝は早めに起きてテレビをつけるとクッキングアイドルのまいんさんが相変わらずご活躍で、この人は何時までこれを続けるんだろう、仕事とはいえ大変だな…などと思うなど。
7時ごろに家を出て、時間に余裕があるので新橋駅、歩いて築地まで。おおみそか、8時前の築地は、もう人の波も引くだろうか、というところだがまだまだ大いに混雑していた


何度か、出勤前の朝飯にラーメンを食べたことのある、表通り沿いの『井上』は大行列

海鮮丼なんざ高いし、ラーメンでも食おうかと思ったけれど、これはいけません。少し場外を奥のほうまでぶらぶら。路地に奥にある幸軒という店が空いていたので、ワンタンメンを食べる

こんな日だけれど(だから、か)築地で働いている人しかおらん店内、昨日は大雨で、暮れにあんなに客足が少ないのははじめてだったね…などと言うのを聞きつつ食べたワンタンメン、これがうまい。スープはちょっと濃いめの醤油味、麺はやや太めのちぢれ麺、すこしトロッとしたチャーシュー多め、ワンタンがまたたっぷり。バランス良くて好みの味。また来たいですね。
築地をあとにして、新豊洲からゆりかもめ有明に着いたのが8時50分、まだ東の一般待機列が生きているようなので、そちらへ。到着して並んだのが、砂利場のほう、6-4。ゲートブリッジが綺麗だが、この下には大勢の人がうごめいておるのであり…

いろいろ、よしなしごとを考えながら行列していれば、ゆるゆると行列は動き出し、10時40分に入場。いつものところは早々に済ませ、おつかいの少女騎士団にならんだらここが大変、行列も長いし、布ものがあるらしく、なかなか進まない。と、『すみません、大手さん並ぶのはじめてなんですけど、この列ってどれくらい並ぶんですか…』と小柄なメガネの東北訛りの女子が…いや、これは1時間以上は覚悟したほうがいいんじゃないかな…。
途中で絶望的な気分になりかけたが、抱き枕カバーとブランケットとクリアファイルが売り切れた後は、列の進みが加速度的に早くなり、結局、1時間20分の行列で購入。昼過ぎには本も売り切れたと聞く。その後並んだ、混沌のグルメの列もなかなかでした。
『久谷女子』も入手し、13時過ぎには引き上げ、銀座へ。救世軍が大勢でトランペットの演奏、社会鍋。喫茶店で待ち合わせて大晦日のデパートをちょいとうろちょろして、帝国ホテルの喫茶で甘いものを食べて、ひとまず野毛に帰宅。荷物を整理して実家へ。妹が会社で共同購入したかなんだかの日本酒をいただきつつ、今年も暮れる、紅白歌合戦、三輪明宏の『ヨイトマケの唄』だけは正座して聞いたのだ。
皆様、今年も一年、大変お世話になりました。身辺的にはさほど、ですが、心情的には大変、いろいろ思い悩むことも多い年でありました。ネット上を通じて知り合った方々に大変、お世話になり通しの年でもありました。来年は少しでもご恩返し、受身ではなく、自分から動いていく年にしたいと思います。
在華坊(@zaikabou)/2012年12月31日 - Twilog