日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

大阪へ、国立国際美術館『あなたの肖像−工藤哲巳回顧展』

木曜日、7時過ぎに新幹線で大阪へ。打ち合わせなどもろもろ。終わって、なんとか夜間開館に間に合いそうだったので、国立国際美術館

あなたの肖像- 工藤哲巳回顧展 | NMAO:国立国際美術館
『あなたの肖像−工藤哲巳回顧展』を見る。なんだかグロい作品を作る人、みたいな断片的な認識しかなかったんですが。あのグロテスクで気持ち悪いものを、計算尽くで強い強度と高いクオリティを常に保ったまま、手を替え品を替えバラエティに富んだ表現で制作し続けるという、芸術家としての足腰の強さに、まずもって感嘆しましたですわ…
ちょっと咀嚼するのに時間が要りそうですが、久々に剛速球のど直球で、芸術だぞ!という球を投げられた感触。明確なプランと背景と動機を伴ってあれが形を伴って表出してくる、かなり怖い。西欧でも確かに評価されてたんだろうな。オリエンタリズム風味の本人写真が醸す雰囲気はやや謎だけれど。
工藤哲巳の「インポ哲学」について - memorandum † 樋口ヒロユキ
工藤哲巳展は2階に写真や資料も豊富だし、そして話題の図録、2,400円でこの厚さ!もビックリですが、中身もテキスト、年表、ズラリ並んだ制作順作品一覧の写真とか、内容も超充実でございました

コレクション展も、工藤哲巳展にちなんで、田中信太郎のピアノの作品『音楽』から荒川修作篠原有司男白髪一雄草間彌生三木富雄、ボルタンスキーにボイスにジョーンズウォーホル、マイク・ケリーと、がっぷり四つの横綱相撲、たいへん、見応えがありましたです。『あなたの肖像ー工藤哲巳回顧展』は東京国立近代美術館で2014年2月4日(火)〜3月30日(日) 、『ハイレッドセンター:「直接行動」の軌跡』が渋谷区立松濤美術館で2014年2月11日(火)〜3月23日(日) 、それぞれ巡回しますので、関東の方は是非あわせて見るがよろし。
帰りは新大阪で目刺し弁当を買いまして

帰宅しましたですが、酒房ぴーでちょっと牡蠣もいただきましたです

在華坊(@zaikabou)/2013年11月15日 - Twilog