日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

横浜ぶらぶら、『ゼロ・グラビティ』を見るのこと

実家で起床、朝飯。有楽町駅付近で火災があり、東海道新幹線東海道線京浜東北線も山手線も止まっているとのニュースを聞き、大変だなあ、と。家に戻ったのが10時半ごろ。家事を済ませてまた出掛けて、横浜へ。火事が納まって運転を再開したのが13時ごろであったようで、新幹線など、まだまだ混乱の中に。
本屋に行ったり、そごうのリラックマ展を見に行ったり、コメダ珈琲で飯を食ったり。帰りがけにマークイズで20,000円なりでビジネスシューズ2足とカジュアルシューズを1足購入、最近、ボロボロの靴ばかり履いていたでな…。
一旦帰宅後、また出て、初詣、伊勢山皇大神宮へ。夕方ですでに人はあまりおらず。ここは氏神様ではあるんだけれど、実際のところは末社の子之大神が元々は野毛四丁目にあった氏神様でして。そちらにしっかりご挨拶し、お札もそちらのものをいただきましたです

そして、桜木町から京浜東北線で川崎、ラゾーナ

最近、ちまたで話題の映画『ゼロ・グラビティ』を、IMAX3Dで見る

びっくりした。こわかった。宇宙こわい。映画とはまた別種の視覚体験を与えてくれる、本気の3Dコンテンツ。本当の意味での3Dのための初めての映画じゃないだろうか。宇宙空間に投げ出されたような体験。ストーリーがシンプルで、ひたすら、画面の中の空間に浸るのだ。これ凄い。
逆に、IMAX3D以外で見ても、さらにレンタルして家で見ても、相当なホームシアター環境が無いと、なんの意味も無いコンテンツなのでは…。映画というか、アトラクションですよこれは。しかも、未知の体験をがっつり与えてくれるアトラクションなんですよ。いやー、びっくりしたわぁ。3Dって、家庭向けのテレビだと、あの一過性の騒ぎは何だったんや…みたいな付加価値になってしまったけど、ここにきて、こんな本気の3Dコンテンツがやってくるとは…
とにかく、3Dの奥行きがすごい。どこまでも、宇宙空間に落ちていくような奥行き…。ほんとこれは、IMAX3で見てほしいコンテンツです。
ドキドキを抱えたまま、ふらふらと入ったGAPで19,900円の半額の半額でダウンコートを買ったりしつつ、帰宅し、家で晩飯にしたのでした
在華坊(@zaikabou)/2014年01月03日 - Twilog