読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

大阪の夜、谷町四丁目『れだん』が素晴らしかった

6時には家を出て、とりあえず会社へ。それから、7時30分ごろの新幹線で新大阪へ。移動中も電話いろいろ。京阪沿線で仕事を終えて、谷町四丁目駅近くのアパホテルに入り、なんだか疲れたので広い風呂に入って上がったのはもう9時過ぎ。さて、これから晩飯だが…。
どうも、大阪だと、それなりに安いんだけどなんかしっくりこない…店に時々あたる。安さではなく、こじんまりしてキラッと光るものがありそうな店にしたほうがいいのでは、と思いつつ探索。日本酒メニューが魅力的だった小さな店に入ってみる。
れだん 大阪の谷町4丁目の懐石料理店 れだん
カウンター10席ほどの小さなお店、ですが、お、これは、当たりの予感が…

もう時間も遅かったので、おまかせ懐石3品コース1,900円にしてみると、1品目がこれ

カブをやわらかく炊いたのにカニとか白子とか入った優しいお味で、いいじゃないですか。これは日本酒が欲しくなるな、と、大阪のお酒を。客の雰囲気もいいぞ。ややあって出てきた2皿目、これに驚愕

まず目の正月である。そして、フグの湯引きとクリームチーズのサラダ仕立てがうめぇ…。フグ刺しとか、さんまを大根で巻いたのとか、ちょっと薫製した〆鯖が、またまぁうまいし…。つばす(ブリが出世する前のやつ)がきゅっとしたやつ…みたいな…甘海老とか、とにかく宝石箱みたいな一皿。これは日本酒がすすむすすむ

この日本酒もですね、この素晴らしいラインナップで、7〜8勺くらいしっかり注がれて、全品500円均一という恐ろしいことになってましてね…

そしてテンション上がったままで3皿目

これまた!柿の白和えとか、蛸白トリュフマリネとか、河内鴨とか、蟹味噌のおしゃれな小グラスとか、なにもかも旨い…。なんだこの店。メニューにあってちょっと気になっていた鯖のサンドイッチもお隣の方におすそ分けしてもらったりして、これまた旨いんだわ…。お酒さらにいってしまおう

愉快な気持ちでだいぶん長尻し、お会計はまったくもって明朗会計で、すばらしい夜だったのでした…。また来よう
…そして、あんまり良かったので、翌週にまた行ったのでした
大阪へ、また『れだん』に行ってしまいました - 日毎に敵と懶惰に戦う
在華坊(@zaikabou)/2014年12月09日 - Twilog