日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

土曜日の日記。交通会館の写真展が面白い

土曜日、5時くらいに目が覚めたけれど、二度寝して起きたのが10時前。さすがに疲れが…。あさごはん

出掛けて関内方面に歩いていると、大岡川でSUPに乗る人たちが見えた

旅するコンフィチュールでさくらんぼのコンフィチュールを買って、関内から電車に乗って有楽町乗り換え、六本木へ。ヒルズのスターウォーズ展は大混雑のようだけれど、森美術館のシンプルなかたち展にだけ行きたい人は、別経路で入場させてもらえるみたいね。A/D GALLARYで、内海聖史の『moonwork』を見る
http://www.roppongihills.com/events/2015/06/adg_moonwalk/
これが本当に超大作。けして狭くはないギャラリー空間に折りたたまれて圧倒的な迫力で迫ってくる作品。これだけの大きさだと、もう収まる先は決まっているのかしら?とにかく見ものでありますよ。その後、ロアビルへ。コマーシャルギャラリーって基本的に慣れない人には敷居が高い場所だと思うけれど、LONDON GALLERY のそれは群を抜いておる。自分も一瞬、躊躇する。そしてとにかくロアビル、どこからどこまでも外国人ばかりである…
地下鉄を大手町で乗り継いで

竹橋、昼に軽くうどんを食べて、東京国立近代美術館。展覧会については詳しくはこちらをご覧ください
東京国立近代美術館『No Museum, No Life?―これからの美術館事典』 - 日毎に敵と懶惰に戦う
見終わって、有楽町に移動、交通会館の地下の素敵な純喫茶、ローヤルでしばらくのんびり休憩。そして3階まであがって、これを見ました

http://www.kotsukaikan.co.jp/50th_yurakucho/
東京交通会館開業50周年記念企画展「写真でたどる有楽町の記憶」は、戦後から交通会館の完成、現在に至るまで、交通会館に限らず、有楽町銀座周辺を豊富な写真と地図と資料と映像で辿る、ボリュームある非常に充実した企画だった。交通会館の名前の由来が、東京都交通局に由来していたことを知らなかったよ…。
日劇とかそごうとか、外堀とか、今はもう無い…大きなランドマークも面白いんだけど、再開発前の有楽町の様子には興味惹かれましたね。寿司屋横丁とか、昔の『おかめ』の写真があったのもよかったなあ。無料で7月5日までです。
本屋など寄ってから、晩飯を食べに来来へ

お探しの店舗のページはありませんでした

台湾屋台料理、メニュー豊富でなんでも美味い。銀座らしからぬ雑多な雰囲気も素敵。パクチーサラダとか牡蠣のスープとか美味かった…。お値段も手ごろ。また来よう。デパートなどぶらぶらして、伊東屋に行って…詳しくはこちらで
銀座、伊東屋のリニューアルに思う。愛好家が好んでいたのは日々の営みの上澄みであった - 日毎に敵と懶惰に戦う
喫茶店でコーヒーを飲んで、帰宅したのでありました
在華坊(@zaikabou)/2015年06月20日 - Twilog