日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

ガンダム展、工場の祭展、藤田美術館の至宝、五姓田義松、野毛

連休4日目…あさごはん

毎日代わり映えのしない感じですが。鳴門で買ったわかめが切れたので、昨日、吉池でかった三陸のわかめ。お味噌は長岡の。わかめの味噌汁楽ちんでうまくてええな。生姜の糠漬けはよい具合になってきた
ちょっと今日の予定が変わり、10時前に出掛けて、六本木まで。27日まで森アーツで開催されているガンダム展、30分待ちの行列でしたが、美術館に行くついでで上階に上がりまして…(まあ、それでもだいぶん並びましたが)

「機動戦士ガンダム展」THE ART OF GUNDAM
会場内はわりとゆったりしていた。エンターテイメントで盛り沢山で、実はファーストガンダムちゃんと見てない自分でも、楽しい展覧会でありました。東京会場限定ガンプラ、買っちゃったよ…


意外な知り合いに2組も会って驚きつつ、バーガーキングで昼飯。飯倉方面に歩きまして

AXISギャラリー『燕三条 工場の祭展 産地のプロセス』を見る

来月初めに、燕三条地区で開催される、工場開き大規模イベント「工場の祭典」のプレイベント。



和釘からはじまった金属加工業の集積地、素敵な刃物やカトラリーを生み出す燕、三条に行きたくなる展覧会でした。本体のイベントのサイトはこちら
開け、工場! 工場の祭典 - Factory Festival
久しぶりにAXISのビルをうろうろ。3階、IMAギャラリーに、えらくハイソなおしゃれカフェがあるぞ…


ハンドドリップのコーヒー、400円、美味しかった。空いてるし、おかわり200円だし、綺麗なトイレもあるし、電源完備なので、わりとのんびりノマドしても怒られないのだろうか。実際、ソファでマックを広げてる外国人がいました
ここからまた歩いて、サントリー美術館藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美』

藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美 サントリー美術館
入る頃はまだ行列は出来ていなかったけど、出てきた15時前には、入場の待機列が出来ていた。そしてこの展覧会、あと6日しかないけど、以前の東洋陶磁美術館リニューアル時の引っ越し展と同様にですね
サントリー美術館『東洋陶磁の美』など - 日毎に敵と懶惰に戦う
とにかく、サントリー美術館で見ておけ!な展覧会だったのです。藤田美術館の至宝が超一級品揃いなのは言うまでもないんだけど、まずもって、これだけ同時にまとめて見られるのは空前絶後。藤田美術館では展示スペースがそれほど広いわけじゃないので、いっぺんに見られるわけではないのじゃ…。そして、それよりなにより照明!見え過ぎちゃって大丈夫なの?という、素晴らしい照明。言い方悪いけど、ハイビジョンが8Kになったぐらいの衝撃があった。
曜変天目茶碗は千変万化に輝く様が四方八方から見放題、茶碗も地蔵菩薩立像も絵巻も経文も工芸品も、あらゆるお宝が、くっきりはっきり、侘び寂びどこ行ったという勢いでものすごーく綺麗に見える。照明と展示ケースの力を感じる。地蔵菩薩立像の木目とか、井戸茶碗の肌艶とか、黒楽茶碗の漆黒の輝きとか、仏功徳蒔絵経箱の漆の具合とか、どこまでもクリアな玄奘三蔵図に紫式部日記絵詞とか、経文の紙質とか…
なんだかもう、美術品鑑賞の新しい目が開かれるかのような圧倒的な鑑賞環境の素晴らしさでした…興奮してしまいました。サントリー美術館で見ておくしかない展覧会でありました。
美術館を出て、千代田線から副都心線東横線みなとみらい線で、馬車道へ。お次はこちら

特別展:神奈川県立歴史博物館
神奈川県立歴史博物館『没後100年 五姓田義松 −最後の天才−』これがですね、かなり不思議な展覧会で。まずもって、展示点数がものすごい。全800点?膨大なスケッチ、水彩画がずらずらと並び、絵以外の資料もわんさか展示。明治の最初にずぬけた力量を持っていた五姓田義松の画業が、とにかく全部見ろ!って感じで並んでいるわけです。
そしてこれがほんとに上手い。鉛筆、水彩、いずれも緻密で確かなデッサン力があり、油彩もメキメキ腕をあげているがわかる。わかるんだけど、なんというか、説明不足というか、膨大な資料と作品を並べました!あとはよろしく!って感じで、掴みどころのない不思議な展覧会に仕上がっている。ちょっと一筋縄ではいかない。うーん。ただならぬ感じはするんですが
またぶらぶら歩き、横浜スタジアムへ。本日の中日戦はチケット完売

最終戦まで、ほとんど売り切れてるね…

番長先発で大いに盛り上がる球場の声援を背に

中華街に向かい、『八〇〇中心』で、森直実さんの写真展『野毛の飲んべえ活写』を見る。

知ってる顔も知らない顔も、野毛で楽しそうに飲んでる顔がいっぱい…会場ではもう酒盛りはじまっておりました。そして信頼できる人にオススメされた中華街の聚楽で、中秋月餅を購入。最後のふたつだった!

いったん帰宅して家事を済ませ、またちょっと野毛の街へ

流浪ぴーに行ったら知り合いばかりいて、ピザ出前したり、とても楽しい時間を過ごしたのでありました
在華坊(@zaikabou)/2015年09月22日 - Twilog