日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

しみじみ美味い夏野菜ビュッフェと、歩く越後妻有

5時53分、横浜駅から上野東京ラインに乗車。昨日、台湾から帰ってきたばかりなのに、こんな朝早くに何をやっているのか…と感じですが、青春18きっぷを使って越後妻有に行こうという算段でありまして。夏になると、1度は行っておかないと禁断症状が出るのでな…

高崎で乗り換え、また水上で乗り換え

f:id:zaikabou:20160827112135j:plain

くにざかいのトンネルを潜って六日町へ。1年ぶりのほくほく線

f:id:zaikabou:20160827112136j:plain

そしてまつだいへ。ああ、またやってきました、まつだい。大好きまつだい

f:id:zaikabou:20160827112137j:plain

まず最初はですね、昼前に着いたので、ここに行かなければいけません。まつだい里山食堂の夏野菜ビュッフェ

f:id:zaikabou:20160827112145j:plain

f:id:zaikabou:20160827112138j:plain

地の食材を使って、素朴にとどまらない手の込んだおかずが山盛りで、どれを食べても抜群に美味いんですよ

f:id:zaikabou:20160827112139j:plain

もうね、トマトが!茄子が!南瓜が!糸瓜が!インゲンが!きゅうりが!大根が!って感じで、茄子の煮浸し、茄子の味噌炒め、シシトウの煮浸し、糸瓜のぶっかけ、切り干し大根のサラダ…

f:id:zaikabou:20160827112141j:plain

そしてあなた、棚田のコシヒカリですよ、つやつやですよ。美味しいお米食べると泣いちゃう

f:id:zaikabou:20160827112140j:plain

玄米に、玄米スープも美味いなあ

f:id:zaikabou:20160827112142j:plain

この日は何かの取材が入っていたらしく、モデルさんがごはん食べて写真の撮影をしていましたが、そちらからも歓声があがっておりました。

この『越後まつだい里山食堂 食たより 夏号』も素敵。夏の野菜たちと、調理法が書いてある。特に新潟の夏は、茄子ですよね

f:id:zaikabou:20160827112144j:plain

f:id:zaikabou:20160827112143j:plain

農舞台でやっている展覧会も眺めつつ

f:id:zaikabou:20160827112146j:plain

f:id:zaikabou:20160827112147j:plain

しかし、レンタサイクルはあるかなー、と思ったら、やはりまつだいではやってないと言う。芸術祭の時期だけなのかな。

まあ、無いならないで歩けばよい、なんなら片道だけバスで帰りは歩こうか…などと思いながらまつだい駅に戻ったのが13時5分。土曜日のバスは12時50分~13時の間にいろいろな方向に出てしまっていて、次はもう無いとか、3時間後とか…ぎゃー。調べよう。

しかし私自身、あえて調べなかったというか、無いなら歩けばいいじゃないか、いやむしろ歩きたい、みたいな思いがあったわけでありまして

f:id:zaikabou:20160827112148j:plain

松代の城山から、松之山のほうに抜けていく道を

f:id:zaikabou:20160827112149j:plain

ひたすらに

f:id:zaikabou:20160827112150j:plain

歩いていく。自分にとっての越後妻有の良さというのは、むしろ作品よりも、山の中の道を棚田を眺めがら歩いたり自転車で走ったりすることなのではないかと思っており、ぶらぶら歩くことの楽しさと言ったら。そして湧水などあると、望外の喜び

f:id:zaikabou:20160827112151j:plain

この湧水が手がしびれるくらい冷たくて、今まで、自転車で通り抜けても気が付かなったこれに出会えただけでも、歩いてきた意味があったな、と。

f:id:zaikabou:20160827112152j:plain

松之山まで出て、さてこれから東川の集落のほうに向かおうと思うとトンネルをくぐることになるんだけれど、それでは面白くない。折角なので、グーグルマップさんが示す最短距離の峠越で。ツールド妻有も同じコースだ

f:id:zaikabou:20160827112153j:plain

はじめて通る道から見る風景の楽しさよ。汗はどんどん噴き出してくるけれど、とても幸せな時間

f:id:zaikabou:20160827112154j:plain

f:id:zaikabou:20160827112156j:plain

f:id:zaikabou:20160827112155j:plain

そしてこの、どこまで行っても道がきれいに舗装されている新潟…というか、中越のすごさね。角栄。塩田千春の家の記憶に到着

f:id:zaikabou:20160827112157j:plain

…ですが、ここはクローズ

f:id:zaikabou:20160827112158j:plain

大地の芸術祭の時期以外でも、ゴールデンウィークや夏休み中はこれらの作品はオープンしているところもあるんですが、家の記憶はこの夏は開けてませんでした(もちろん、事前の情報で知ってましたが)。こへび隊の人も、そうそう集まらんだろうしなあ

まあよいのです、私の目的地はここなのだ。最後の教室。まつだい駅から10kmちょっと、1時間50分

f:id:zaikabou:20160827112159j:plain

ボルタンスキーのここにやってくると、ああ、妻有にやってきたのだ、と、いよいよ実感がわいてくる。土地の記憶、人の記憶、静かなざわめき…

f:id:zaikabou:20160827112201j:plain

f:id:zaikabou:20160827112200j:plain

f:id:zaikabou:20160827112202j:plain

f:id:zaikabou:20160827112203j:plain

f:id:zaikabou:20160827112204j:plain

なんだか禊を済ませたような気持にすらなって出る。さて、ここからはお宿に向かいましょう。トンネルを通って…このトンネル、あらためて歩くと長いな、1.2kmもあるのだな…

f:id:zaikabou:20160827112205j:plain

f:id:zaikabou:20160827112206j:plain

黎の家も、この夏はクローズ

f:id:zaikabou:20160827112207j:plain

少し日が傾いてくると、あれだけ昼間は暑くても風が涼しくなってくるのが妻有のよいところ。キョロロにも行き

f:id:zaikabou:20160827112208j:plain

少し涼しくなった美人林に吹き抜ける風に癒されて

f:id:zaikabou:20160827112209j:plain

f:id:zaikabou:20160827112210j:plain

17時をまわると、空のいろも、そろそろ夕方ですよ、という雰囲気になってくる

f:id:zaikabou:20160827112211j:plain

17時30分ごろ、三省ハウスに到着、本日のお宿です。ここまでの歩行距離は17~8kmほど。

f:id:zaikabou:20160827112212j:plain

f:id:zaikabou:20160827112213j:plain

なんだかんだで歩いてきてしまったけれど、ちゃんとまつだい駅からの送迎プランもありまして、駅への送り迎えと近所の温泉までの送迎もつけて1泊2食で6000円(+温泉600円)

ドミトリーのベッドで荷物を整理して、温泉へ。なんかこの日は送迎サービスを利用したのがわたしだけで、ひとりのためにすみません。

f:id:zaikabou:20160827112214j:plain

松之山温泉の、ナステビュウ湯の山で、ゆっくり温泉に入りました。たくさん歩いた汗を流して、気持ち良かった!露天風呂は開放的で良いし。お宿に戻ってばんごはん。ビール美味い、おかず美味い

f:id:zaikabou:20160827112215j:plain

お酒もいただいちゃおう

f:id:zaikabou:20160827112216j:plain

このお宿、アルコール類の品ぞろえもなかなか良くて、安いのです

f:id:zaikabou:20160827112219j:plain

開放的な食堂でのんびりと飲む時間が本当に至福で、いつまでもここにいたくなるのでした

f:id:zaikabou:20160827112218j:plain

そして、夜は、更ける

f:id:zaikabou:20160827112220j:plain

f:id:zaikabou:20160827112221j:plain

在華坊(@zaikabou)/2016年08月20日 - Twilog