読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

さよならありがとう番長。横浜スタジアム最終戦、三浦大輔引退試合へ

木曜日、出社して仕事片付けて、会社は16時頃に出る。だって、今日は、横浜スタジアムの今シーズン最終戦、そして、三浦大輔引退試合だから

f:id:zaikabou:20161002175535j:plain

関内駅から市役所のほうを廻ってスタジアムに至る道の途中、市役所(横浜では市庁というのだ)の前のバス停にも、永遠番長。駅にも番長。そして球場は、番長一色

f:id:zaikabou:20161002175536j:plain

f:id:zaikabou:20161002175537j:plain

f:id:zaikabou:20161002175538j:plain

この日は22日に中止になった試合の振替日。チケットは22日の中止発表後にただちに発売されって、深夜1時過ぎまでチケットを購入するための行列が出来ていた。だから、チケットを買えなかった人も、球場の大勢、押しかけている

f:id:zaikabou:20161002175539j:plain

私は、ちょうど当日現地にいた友人がチケットを購入してくれて、運良く、この日のスタジアムに入ることが出来る。ありがとうございますありがとうございます

f:id:zaikabou:20161002175540j:plain

f:id:zaikabou:20161002175541j:plain

三浦のブログでおなじみ、番長が右下に入る自撮り写真は『ばんてフレーム』などと呼ばれているわけですが、実際にそのフレームが出現し、撮影する人が列をなしている

f:id:zaikabou:20161002175542j:plain

さて、球場へ。今季10度目のベイスターズ戦観戦、これで来年のチケット購入はランクが上がったぞ

f:id:zaikabou:20161002175543j:plain

先発、スタメンと、三浦がコールされるたびに沸いて揺れるスタジアム

f:id:zaikabou:20161002175544j:plain

三浦大輔のご長男の始球式から試合ははじまり。今日はみんな三浦の背番号『18』をつけていて、さらに相手ヤクルト先発の杉浦も『18』なので、混迷を深めているぞ

f:id:zaikabou:20161002175545j:plain

初回、立ち上がりに1点取られたものの、前々回は初回6点、前回は初回2点、立ち上がりの1点なんて大したことない!とばかり、裏にはすぐに梶谷のホームランで同点に。

だけれど、また2回表にも、ルーキー、本日が初打席の廣岡にスリーランを浴びる。これはあかんか…という雰囲気になりかけたのだけれど、エリアンがホームランで1点、さらに三浦が綺麗なヒットで出塁して

f:id:zaikabou:20161002175546j:plain

桑原が繋ぎ、梶谷のタイムリーで同点に。これは馬鹿試合味が出てきたな…というところに、さらにロペスがホームランで6-4、逆転!スタジアムの空気は尋常ではないお祭り騒ぎ、三浦に24年連続勝利を!というムードが盛り上がったんですけれども

f:id:zaikabou:20161002175548j:plain

3回は抑えたものの、4回にまた打ち込まれて。ここでコーチがマウンドに行き、変えるかな…と思ったんですよね。だって、クライマックスシリーズ進出は決定しているし、巨人の2位は確定してしまったとは言え、15年ぶりの勝率5割のかかった試合でしたから。でも、球場のムードは、三浦を変えるな!の大合唱。監督としても様子を確かめに行っただけのようで、代える意思はなかったみたい。

この回、3失点。7-6。ここからは、球場のムードは一種異様なものになっていた。その後も簡単に外野に飛ばされる、内野手の間を抜けていく、三浦の投球を、みんな、代えるな、という思いと、これ以上晒さないでくれ、と言う思いと、入り混じったような複雑な気持ちで、マウンド上で奮闘する三浦を、ハマの番長の最後を見届ける。そう、燃え尽きる番長を球場一体となって見届ける、そんな試合になった。

6回裏、三浦に打席が回ったところでも変えない。どうするんだ…と見守る中、7回のマウンドにも上がり、雄平を三振に。ここは雄平も空気読んでいた感があったな…。ここでついに交代。

f:id:zaikabou:20161002175549j:plain

球場全体が涙に包まれ、まさに『ありがとう』な加賀の搭乗曲が流れる中、三浦の現役生活が終わったのでした。番長、25年間ありがとう…。もしかしたらもう少しやれるのではないか、そんな、心のどこかで思っているファンにも引導を渡すような、本当に燃え尽きた10失点、現役生活最多失点で、三浦はマウンドを降りたのでした。

ほんとうは、4回でスッパリ代えるようなチームでなければいけないのかもしれない。でも、若手が台頭し、これからそういう強いチームになっていくのだ…というセレモニーのような、三浦の最後。

交代した加賀が、感動に包まれる球場の空気の中で、あっさり西浦にソロホームランを打たれたことについては何も言うまい…

f:id:zaikabou:20161002175550j:plain

9回表には山崎が登板し、ぴしゃりと抑えて9回の裏。ですが、結局、試合は11-6でゲームセット、借金2、3位Aクラスでシーズンを終えたのでした。試合後、最終戦のセレモニー

f:id:zaikabou:20161002175552j:plain

f:id:zaikabou:20161002175553j:plain

ラミレス監督のあいさつで、必ず日本シリーズに行きます!と、球場大歓声

f:id:zaikabou:20161002175554j:plain

f:id:zaikabou:20161002175555j:plain

今年を振り返る映像に続き、花火が派手に上がる

f:id:zaikabou:20161002175556j:plain

f:id:zaikabou:20161002175557j:plain

f:id:zaikabou:20161002175558j:plain

これで終わりでない。続いては、三浦大輔引退セレモニー

f:id:zaikabou:20161002175559j:plain

三浦の現役生活から引退まで、優勝した年、阪神へのFAが取りざたされながら残留したあの年、そして引退発表……25年間を振り返る10分以上の素敵な映像が流れ

f:id:zaikabou:20161002175600j:plain

球場に大きな『18』の文字が描かれる中、三浦登場

f:id:zaikabou:20161002175601j:plain

f:id:zaikabou:20161002175603j:plain

これからもずっと横浜です、というあいさつに続き、ヤクルト石川、そして筒香からの花束贈呈や

f:id:zaikabou:20161002175604j:plain

ご家族からの花束贈呈、さらに、横浜ナンバー『18』のユニフォームが、南場オーナーからも贈呈されて

f:id:zaikabou:20161002175605j:plain

三浦が大ファンの、ヤザワからのメッセージもあり

f:id:zaikabou:20161002175606j:plain

この後、三浦が球場を廻り、胴上げもあったのですけれども、私はこれから仕事があるのです…ギリギリまで粘って球場を出る。球場の外でも、いつまでも、球場に入り切れなかった人々が、引退セレモニーを見守っていたのでした

f:id:zaikabou:20161002175607j:plain

今年のレギュラーシーズンは終わった。さあ、クライマックスシリーズ

在華坊(@zaikabou)/2016年09月29日 - Twilog