日毎に敵と懶惰に戦う

はてなダイアリーから引っ越しました。酒と食い物と美術と旅と横浜と建築と演芸と…

国立新美術館『ジャコメッティ展』と都ファ

日曜日、午前中はお茶飲んだりしながらのんびり。平日も忙しくて部屋が散らかっていたので、掃除したり片付けたり、14時ごろまで家にいた。

のんびり出掛けて六本木へ。国立新美術館ジャコメッティ展を見に行く

なんであんなに細いのか、ちゃんと理解が深まって、ジャコメッティの人間観察を一緒に体感して行く展覧会。

f:id:zaikabou:20170711061010j:plain

つまり、私たちが対象の全体を見ているとき、つぶさにパーツパーツを見ていけば確かに見たと言えるのだが、常に変化している対象をパーツで捉えて本当に見ていると言えるのか?そうなると、対象を描くとき、一目ですべてを捕らえようとしてどんどん、作品が小さくなっていく。それではいけないと大きく作ろうとすると、一目でスッと見通せるように、細長い形に収斂していくのか。

f:id:zaikabou:20170711061011j:plain

細い棒が林立するような作品も、対象同士の関連性を表現するための技法であるし、とにかくジャコメッティ、見る、ということに向き合いすぎてしまった結果、あの独特の作品に到達したのだな、ということがよくわかる。

しかし、ジャコメッティの作品のモデルになった人、みんな、ずっと静止してないとゆるしてくれなくて、それが長時間続いて、大変でしたね…と思いました。刻々と変化する対象をどう描くかとずっと向き合いながら、生きているモデルに静止を要求するジャコメッティ、よい…

展示構成もとても優れているし、とにかく作品に囲まれているのが心地良い展覧会だった。オススメ。願わくば、会場の温度をもう少し上げて欲しいが。

展覧会いろいろ行ってるし、作品保護のため会場の温度をコントロールする必要があるのは理解してるけど、今回のジャコメッティ展ほど体感温度の低い展覧会は記憶に無い…。真夏で薄着だから尚更だろうし、会場が空いていることでさらに尚更な感じ。貸してくれるストールはイマイチなので、上着持参推奨です。

あまりにも体が冷えてしまったので、赤坂見附までお散歩。東京駅まで出て、KITTEのアマノフーズのお店にちょっと寄ってから桜木町へ。休日のお父さんファッション御用達ブランド、NEXTで短パンとポロシャツを買ったら、セールで2268円だった。

ちょっと流浪ぴーで飲んでから帰宅して、都議会議員選挙の都民ファースト圧勝、自民党惨敗を見ながら『日本のいちばん長い日』を見ていた。

f:id:zaikabou:20170711061012j:plain

こころから、れいを、のべたーい!あけろー!

f:id:zaikabou:20170711061013j:plain

何が終戦だーっ!

在華坊(@zaikabou)/2017年07月02日 - Twilog